[画像のクリックで拡大表示]

 多くの日本企業にとって、春は人事の季節。新しい組織体制に合わせた様々な権限の変更作業が必要となり、情報システム部門の管理者にとっては頭の痛い季節でもある。

 人事異動の対応は、十分な準備期間が確保できない中、少人数での管理作業や短期間での膨大な反映作業を実施しなければならないことも多い。しかも、認証基盤へのユーザー情報の反映や権限の付与に利用するグループメンバーの管理等の作業を伴うため、これらの設定漏れやミスは情報漏えいにつながりかねない。また、コラボレーション環境にも新しい組織の権限に基づいて反映すべき設定を整理しつつ、正しく設定されているか慎重な対応が求められ、大きな負担となっている。

 多くの企業ではアカウント管理にActive Directoryを採用しつつ、コラボレーション環境としてActive Directoryと連携可能なSharePoint Serverを採用しているケースが増加しているが、標準機能に頼った権限変更は手間がかかる。そうした煩雑な変更作業をスムーズかつセキュアに行えるのが「人事異動ソリューションセット」である。

 「人事異動ソリューションセット」は、3つの製品をセットにした期間限定のキャンペーン製品だ。構成製品の1つ「PerfectWatch for Active Directory」は、Active DirectoryとExchange Serverの管理ツール。アカウント情報をCSVファイル形式で柔軟にインポート/エクスポートするほか、アカウント変更が必要な他のシステムへも、Active Directoryで変更した情報の流用を可能にする。

 「DocAve コンテンツ マネージャー for SharePoint」では、組織の統合・吸収・分割・独立といったあらゆるケースに合わせて縦横無尽にSharePointのコンテンツを移動することができ、サイト・リスト・ライブラリ・アイテム単位のコンテンツを手作業で移動する手間を省く。

 「DocAve 管理センター for SharePoint」は、SharePointの複雑な権限情報をExcelにエクスポートし、一括編集&インポートを可能にする製品。権限の一括洗い出し、一括変更、夜間バッチ化による大量処理を可能にするほか、Active Directoryから削除後もSharePoint上に残っているゴーストユーザーアカウントの洗い出しと削除も行える。

 またオプションの「DocAve アーカイバ for SharePoint」を利用すれば、不要になった古いコンテンツを物理的に削除することなくストレージに残すことで、組織復活の際に備えることができる。今回のキャンペーンは3/31まで、個別で製品を揃えるよりも低価格で導入が可能だ。

ポイント

特徴
●Active Directoryのアカウント変更、SharePointサイトの移動/権限変更を容易に
●キャンペーン製品のため、従来よりも低価格での導入が可能
●Active Directoryの管理ツールとして、CSVファイルによる一括登録やグループ変更が可能
●SharePointの権限情報をExcelにエクスポートし、一括編集&インポートを実現
●組織変更のあらゆるケースに合わせて、縦横無尽にSharePointのコンテンツを移行
価格
88万8000円~(500ユーザー版/税抜)※別途、AvePoint製品の保守費用が必要