[画像のクリックで拡大表示]

 日報や報告書、申込書に医療現場での問診票など、ビジネスシーンには様々な業務がある。最近では、タブレットなどの普及により、業務現場でのレポート業務が急増している。しかし、入力作業の煩雑さやデバイスによって操作方法が異なるなど、現場での入力作業には課題も多いため、いまだに「紙」をベースとしている業務環境も少なくない。

 「紙」に記入したものを持ち帰り、帰社後に業務システムへ入力するという現場では、「データ化に時間がかかる」「残業の発生」「情報漏洩の危険」「紙の管理コストの無駄」などが発生。なかでも、データ化までのタイムラグは経営者や管理者によるデータ分析を遅らせ、ビジネスチャンスの機会損失を招くことすらある。

 そこで、長年OCR/OMR製品などによりデータ入力の効率化を図ってきたハンモックが提供するのが、タブレットを利用した入力フォーム「TabletForm」だ。「紙」と変わらぬ手書きの良さを残しつつ、現場で直接データ入力を行うことで、これまで「紙」の帳票業務で発生していた問題を解消。ペーパーレス化とコスト削減、業務効率のスピードアップ、情報の精度・鮮度の向上を実現する。

 「TabletForm」の特長は大きく分けて3つある。その1つは「タブレットに手書きで入力できる」こと。「書き順」と「かたち」の2つの方式による高精度認識を実現し、文字変換率97%(*)を達成。キーボード操作が苦手なユーザーでも簡単に利用することが可能だ。

 2つめの特長は「すぐに利用できる」という点。フォームデザインツールや管理コンソールなど必要なツールがオールインワンパッケージで揃っているため、個別開発の必要がない。またブラウザベースのため、ソフトのインストールも不要となる。デバイスに依存する必要がなく、BYOD(Bring your own device)にも適しており、導入コストの削減にも貢献する。

 さらに、もう1つの大きな特長が「Excelでフォームが作れる」点だ。専用デザインツールがExcelを利用しているため、入力フォームの設計がとても簡単に行える。既存のフォームも簡単に修正・変更が加えられるため、一からフォームを作成する手間も発生しない。データ連携設定もプログラミングレスで行えるため専門的な知識を必要としない運用が可能になる。

 このほか、外部クラウドサーバーを利用した運用も可能な上、ブラウザベースでタブレット自体にデータが残らないためセキュリティ上も安全性が高い製品だ。

*ハンモック調べ

ポイント

特徴
●デバイスに依存しないブラウザベースのタブレットデータ入力フォーム
●2つの異なる方式を採用した精度の高い文字認識により、文字変換率97%(*)を達成
●インストール不要のオールインパッケージ
●Excelベースのデザインツールにより。簡単フォーム作成を実現
●外部クラウドサーバーの利用も可能
価格
90万円~(10ライセンス) ※製品構成によって価格は異なる