攻撃ターゲットとなるWebアプリの脆弱性をカバー、誤検知が少なく自動学習可能なWAF

カーソルキー(←/→)でも操作できます