PR

■『日経NETWORK倶楽部メール』2005/9/26(Vol.5)

☆☆☆本誌記事の並び順を変えました☆☆☆

 リニューアル号はいかがでしたでしょうか。
 前号で紹介したように新しいコラムと連載を始めたほか,記事
の並び順も見直しました。これまでは特集1から始めていました
が,今号からは「ビギナーズ・クエスチョン」(p.15)で始まり,
これまで巻末に掲載していたイラストで学ぶシリーズと,パワー
アップ特集がこれに続きます。
 特集はこれまで通り2本立てですが,それぞれの狙いをはっきり
させました。まずパワーアップ特集は,ネットワーク活用力を高め
ることに主眼を置きます。記事中に設定画面などの実践的な情報を
ふんだんに盛り込み,触りながら学べるように工夫しました。
 一方のジャンプアップ特集は,最新ネットワークで活躍する重要
技術に焦点を当て,その技術の役割,特徴,しくみ,他技術との関
係などを深くやさしく解説します。旬の技術はもちろん,定番技術
もゼロからじっくり解き明かしていきます。ただし今号は,毎年恒
例のトラブル特集をお届けしました。
 リニューアルについて,あるいは本誌記事ならびに日経NETWORK
倶楽部メールに関するご意見・ご感想をお待ちしています。送付先
は以下の通りです。
e-mail:nnwclub@nikkeibp.co.jp
fax:03-5210-8765

============================================================================
■INDEX
1.特集プラスワン
 ●取り上げられなかった迷惑メール対策ツールを2点紹介します
 ●日経NETWORKを読むとトラブルに強くなる!?
2.今号のお気に入り
 ●松下ネットワークオペレーションズの「Switch-S5P」
3.調査隊こぼれ話
 ●WiMAX用の帯域割り当てを阻んでいるのは準天頂衛星?
4.寄稿者インタビュー
 ●外山 勝保(とやま かつやす)さん
 ——「テクノカレッジ TCP/IPプロトコル講座」の監修&執筆者
5.今号のリンク
6.今月のおさらい
7.編集部からのお知らせ
8.次号(2005年11月号)予告
============================================================================

1.特集プラスワン

●取り上げられなかった迷惑メール対策ツールを2点紹介します

 こんにちは,斉藤です。パワーアップ特集『迷惑メール撃退術』は
ご覧いただけましたでしょうか。記事中では,フリーソフトの迷惑
メール対策ツールとして「POPFile」と「Spam Mail Killer」の二つ
を紹介しています。しかし,オススメの迷惑メール対策ツールはほかに
もあります。ここでは,記事で解説できなかった二つの無料ツールを
紹介したいと思います。

 一つ目は,オープンソースのメーラー「Thunderbird」(サンダー
バード)です。そんなメーラー聞いたことがないという人も,開発元が
Internet Explorer対抗のWebブラウザとして最近ぐんぐん知名度を高め
ている「Firefox」と同じ(米Mozilla Foundation)だと言えば,分かっ
てもらえるのではないでしょうか。日本語版ソフトは,Mozilla Japanの
Webサイト(http://www.mozilla-japan.org/products/thunderbird/)
から入手できます。

 Thunderbirdが優れている点は,メーラーそのものに迷惑メール対策
機能(学習型フィルタ)が組み込まれているという点です。記事では,
Windows標準のメーラーであるOutlookExpressと,迷惑メール対策ツール
のPOPFileを組み合わせることで迷惑メールをフィルタリングする方法を
解説しました。ところがThunderbirdなら,別ツールを組み合わせる必要
がないのです。

 別のメリットとしては,過去に受信したメールをほかのメーラーから
インポートして学習させられるということもあります。POPFileの場合,
メール・サーバー上にある(あるいはこれからやりとりする)メールし
か学習させられないため,メールをあまりやりとりしない人だと判定精
度が高まるまで相当な時間がかかってイライラしてしまいます。一方,
Thunderbirdならユーザーが過去にさかのぼって教えてやることで,利
用開始後すぐに迷惑メールを十分高い精度でフィルタリングできるよう
になります。

 記事では,どのメーラーとでも組み合わせられることを評価してPOP
Fileを紹介しましたが,もし今使っているメーラーにそれほどこだわり
がなければ,この機会にThunderbirdに乗り換えてしまうのも悪くない
でしょう。

 もう一つ紹介したいツールは,こちらもオープンソースのツールである
「SpamAssassin」(スパムアサシン)です。Apache SpamAssassin Project
のWebサイト(http://spamassassin.apache.org/SpamAssassin)から入手
できます。SpamAssassinは,主にメール・サーバーと連携させてメール・
サーバー上で迷惑メールをフィルタリングする目的で使われる迷惑メール・
フィルタです(注:POPFileと同様なクライアントの対策ツールとしても
使えます)。

 基本的にメール・サーバーと連携させるツールなので,メール受信者の
立場から遠いため記事中では紹介しませんでしたが,メール・サーバーを
運用する立場にいる人なら知っておいて損はないツールです。迷惑メール
対策は,「処理にかける手間をいかに減らすか」が命です。100人に同報
された迷惑メールを100台のパソコンで個別に処理するよりはサーバー上で
一括処理する方が効率的なのは火を見るより明らか。上流で対策が施せる
なら,対策した方が良いに決まっています。もし,あなたがメール・サー
バーの管理者でメール利用者から迷惑メールに対する苦情がたくさん届く
ようなら,導入を検討してみてはいかがでしょうか。(斉藤)

----------------------------------------------------------------------------

●日経NETWORKを読むとトラブルに強くなる!?

 10月号のジャンプアップ特集はいがかでしたでしょうか。毎年恒例の
トラブル特集でした。今回は,トラブル現象に応じた原因の切り分け手
段を示すチャートと,8件の詳細なトラブル事例の2本立て。「トラブル
対応力」の強化に役立てていただけるよう工夫しました。

 今回の特集を読んでいただければトラブルに強くなること請け合いで
すが,トラブル事例を数多く知ることだけがトラブル対応力の強化策と
いうわけではありません。当たり前のことですが,普段から地道にネット
ワーク知識全般を習得することが大事です。

 このことを裏付けるように,日経NETWORKを読み続けているとトラブル
対応力が強化されることが今回のアンケート結果からわかりました。手前
みそとなって恐縮ですが,紹介したいと思います。

 アンケートではトラブルに関する質問のほかに,回答者の属性も答え
ていただきました。そしてその中に,「日経NETWORKを購読しているかど
うか」という質問を加えました。日経NETWORKの読者と非読者をそれぞれ
母集団とした上で,「最終的にトラブルの原因を特定できた」と回答し
た方の比率を見てみようと考えたのです。

 「購読している」と答えた方のうち,トラブル原因を特定できたと答
えた方は83.0%でした。一方,「購読していない」と答えた方のうち,
トラブル原因を特定できたのは77.4%でした。このアンケート結果を見る
限り,日経NETWORKの購読は確かに「トラブル原因を特定するスキルの向
上」に役立っているようです。(高橋)

============================================================================

2.今号のお気に入り

●松下ネットワークオペレーションズの「Switch-S5P」

 11月号の製品研究室では「LANスイッチ」を取り上げました。いわゆる
“レイヤー2スイッチ”です。「いまさらLANスイッチなんて」と思う人も
いるかもしれません。でも,取材を進めていくと「こんな製品があったの
か!」と驚くことが多かったです。

 今回は,そんなことを思った製品の一つを紹介したいと思います。松下
ネットワークオペレーションズ「Switch-S5P」です。

 見た目は普通のボックス型LANスイッチですが,背面に4個の電源コンセ
ントが付いていて,ここから電源がとれます。電源とLANの口を確保する
ために,電源タップとLANスイッチを別々に用意している人がほとんどだと
思いますが,この製品を使うとそれらが一つで済むわけです。

 机まわりの電源の確保で不自由している人は,意外と多いのではないで
しょうか。私は,ノート・パソコンや携帯電話の充電器など,「ちょっと
だけ使いたいんだけど電源コンセントの空きがない」というケースがよく
あります。そんなときに机の脇にこのLANスイッチが貼り付いていると
(背面にマグネットが付いている),LANも電源もすぐ確保できて便利だと
思いました。

 ただ残念なのが,この製品は店頭で購入できないこと。同社または同社の
販売代理店経由で購入する必要があります(標準価格は1万3200円)。取
材で対応していただいた松下ネットワークオペレーションの担当者に,
「もうちょっと安くして一般家庭向きにも販売してください!」とお願い
してしまいました。(半沢)

============================================================================

3. 調査隊こぼれ話

●WiMAX用の帯域割り当てを阻んでいるのは準天頂衛星?

 今月のNETWORK調査隊『WiMAXって本当にすごい技術なの?』(pp.108−
113)では,近ごろ話題の無線技術「WiMAX」のホントのところをいろいろ
と探ってみました。記事にも書いたとおり,実用化の最大のハードルは
周波数の割り当てです。そこで,記事では詳しく書けなかった周波数割り
当ての状況について紹介しようと思います。

 WiMAXが利用を想定している主な周波数帯域は,2.5GHz帯,3.5GHz帯,
5.7GHz帯の3カ所です。そのうち,国内で空きがありそう(できそう)
なのが2.5GHz帯。ただし,この周波数はIMT-2000,つまり第3世代携帯
電話用の拡張バンドとして,無線通信の国際会議「WRC」(World Radio
communication Conference)で規定されている部分なのです。国内の電波
行政を司る総務省に聞くと,「WRCの決定を基に国内の電波割り当てを
行っている関係上,業界団体であるWiMAX Forumが決めたからといって
その帯域をWiMAXに利用できるようにするわけにはいかない」という話
でした。

 ところが,他の取材先から聞いた話では,2.5GHz帯はIMT-2000以外の
システムにも割り当てられているとのこと。具体的にいうと,モバイル
放送用の衛星波や準天頂衛星といったシステムが2.5GHz帯に割り当てら
れているのです。これらのシステムは,日本が主導してWRCに持ち込み,
周波数を勝ち取ったものです。「その影響で十分な帯域が確保できず,
IMT-2000の拡張システムに使うのは難しいんじゃないか」という話まで
聞こえてきました。

 日本発の新システムも重要ですが,世界規模で盛り上がっている新技
術もユーザーに魅力あるもの。「2.5GHz帯がIMT-2000用の拡張バンドと
してあまり使い勝手がよくないなら,総務省ももっと柔軟にWiMAX用の
帯域について取り組んでいってもいいんじゃないかなぁ」と,考えてし
まいました。(藤川)

============================================================================

4.寄稿者インタビュー

●外山 勝保(とやま かつやす)さん
 ——「テクノカレッジ TCP/IPプロトコル講座」の監修&執筆者

>外山さんが所属しているNTT情報流通プラットフォーム研究所という
ところでは,どんな研究がなされているのですか。

 あらゆるところにコンピュータが存在しネットワークにつながっている
ユビキタス社会で,利用者のみなさまが安心して使える便利で安全なネット
ワーク・サービスの土台(プラットフォーム)はどうあるべきかを研究して
いる研究所です。具体的には,インターネットを中心とするIPネットワーク
でのセキュリティ技術,ネットビジネスやコンテンツ流通を支える認証・
決済をはじめとするプラットフォーム技術,さらにはネットビジネスと法制
度などの社会科学面まで幅広く研究しています。

>外山さんは,そこでどんなお仕事をしているのですか。

 IPネットワークはまだまだ不安定な部分が多く,安定した信頼性のある
ネットワーク・サービスを提供するには多くの課題解決が必要です。私が
所属している研究グループでは,IPネットワークに発生する異常をどうす
れば素早く正確に見つけて対応できるかを研究しています。

 私自身,インターネット・マルチフィード社でデータセンター・ネット
ワークを設計・運用し,JPNAPというプロバイダの相互接続(IX)サービス
を立ち上げた経験から,解決策として効果が高いということだけでなく,
IPネットワークを支える現場で使いやすい技術の研究開発を目指しています。

>TCP/IP技術を学ぶコツがあれば教えて下さい。

 ひととおりTCP/IPのしくみを教科書で学んだら,とにかくできる限り実際
のパケットを見てみることです。例えば,自分のパソコンがどんな通信して
いるのかをEtherealやtcpdumpなどのツールを使って見てみましょう。Webサ
イトを閲覧するときにどんなパケットで通信するのかを追いかけると,IPや
TCPの動作だけでなく,TCP上でのHTTPや,UDPとDNSなどの動作も勉強できます。

 NTTに入ったときの私の仕事はソフトウエア開発を容易にするにはどうした
らよいかという研究でした。当時の研究グループはUNIXワークステーションを
使った分散ソフトウエア開発環境を研究しており,新人だった私は本業の研究
のほかにUNIXとLANの管理者を担当することになりました。このとき,ネット
ワーク管理のおもしろさに目覚め,本来の研究そっちのけで日夜IPパケットを
眺めていました。そのおかげでTCP/IPをより深く学ぶことができたと思ってい
ます。

>ありがとうございました。

============================================================================

5.今号のリンク

 2005年10月号で紹介したURLを,コラム別にまとめました。

●パワーアップ特集「実践形式で学ぶ迷惑メール撃退術」(pp.22~35)

POPFileの配布元Webページ
http://popfile.sourceforge.net/

APNICのIPアドレス検索Webページ
http://whois.apnic.net/

ARINのIPアドレス検索Webページ
http://whois.arin.net/

RIPE NCCのIPアドレス検索Webページ
http://www.ripe.net/db/

LACNICのIPアドレス検索Webページ
http://whois.lacnic.net/

土肥英明氏が開発したフリーソフト「Spam Mail Killer」のダウンロード先
http://homepage1.nifty.com/eimei/

完全使い捨て型メール・サービスdodgeit
http://dodgeit.com/

----------------------------------------------------------------------------
●ジャンプアップ特集「症状別ネット・トラブル解決法」(pp.75~95)

ケーブル・メーカー通信興業のサイトにあるレポート
http://www.tsuko.co.jp/pdffiles/no1.pdf

----------------------------------------------------------------------------
●Roads to Node管理人エイジの「僕の勉強日記」(p.104)

ネットワークの勉強サイト「Roads to Node」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~aji/

Roads to Nodeの「3分間NetWorking」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~aji/3min/index.html

----------------------------------------------------------------------------
●展示会/セミナー

CEATEC JAPAN 2005
http://www.ceatec.com/

個人情報漏洩対策のための情報セキュリティポリシー作成&見直しと情報
セキュリティリスク管理手法 解説と実践講座
http://www.juas.or.jp/seminar/open/s05021.html

電気四学会関西支部 専門講習会「ブログ技術の最新動向」
http://www.ieice.org/kansai/koushyukai-19.html

個人情報保護 一般社員向け教育
http://is-solution.co.jp/

============================================================================

6. 今月のおさらい

●ネットワーク・カメラの説明として間違っているのはどれでしょか。
1) ネットワーク・カメラにはWebサーバー機能が搭載されている
2) ネットワーク・カメラへインターネット経由でアクセスするには固定IP
アドレスの取得が必須である
3) 撮影範囲内で何らかの動きがあると,メールなどで通知する機能を持つ
製品がある
4) 同一LAN上のパソコンからネットワーク・カメラを設定できる
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20050921/221483/

●Webアクセスをしていたら,「404 Not Found」というエラー・メッセージ
がブラウザに表示されました。このエラーを正しく説明したものはどれでし
ょうか。
1) Webサーバー側の負荷が高いため,一時的にアクセスできない
2) ユーザー認証が必要なページで認証に失敗した
3) ドメイン名をDNSで検索できなかった
4) 指定したWebページのデータが存在しない
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20050914/221173/

●Windowsファイアウォールに関する記述のうち,正しいものはどれでしょ
うか。
1) 市販のパーソナル・ファイアウォール・ソフトをインストールすると,
Windowsファイアウォールは使えなくなる
2) WindowsXPのすべてのバージョンに付属している
3) Windowsファイアウォールを無効に設定していても,パソコン起動時に
はWindowsファイアウォールが動作する
4) Windowsファイアウォールの設定はローカルのユーザーしか変更できない
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20050907/220729/

============================================================================

7.編集部からのお知らせ

●Security Solution 2005で本誌副編集長が講演
 10月26日~28日の3日間,東京ビッグサイトで開かれる「WPC EXPO」の隣り
で「Security Solution 2005」が開催されます。その主催者講演に本誌副編
集長の藤川雅朗が登場。10月28日(金)の午前10時30分から「これだけは知っ
ておきたい Webアプリケーションのセキュリティ対策」と題して,“価格.com
事件”に代表されるWebアプリケーションを狙った攻撃の手法とその対策を
解説します。事前登録なしの無料講演です。ぜひ,当日会場にお越しください。
Security Solution 2005の概要は以下のURLをご参照ください。
http://expo.nikkeibp.co.jp/secu-ex/

●10月中旬,超入門シリーズの最新刊『IP電話入門』を発行します
 IP電話の全体像から,呼制御プロトコル,音声符号化,パケット転送,QoS
(サービス品質)などの要素技術,さらには,無料のインターネット電話とし
て注目されているSkypeやIPセントレックスといった新サービスまで,詳しく
解説しています。予備知識がなくてもビジュアルな誌面と丁寧な記述で基礎
技術および最新技術が身に付けられるわかりやすい構成です。A4変型判,
200ページ(予定)で,価格は1995円(1900円+税)です。お楽しみに。
予約購入申し込みは以下のURLから。
http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/book/books/coin/bpstore/18.html

●11月,シリーズ第13弾『ネットワーク・テクニック超入門』を発行します
 pingやtracerouteなどの基本になるネットワーク・コマンドの使い方や組み
合わせ方,トラブル原因探求や運用管理に役立つツール紹介,Windowsネット
を操作するためのコマンドやツールの使い方を解説しています。また,ping
などの基本ネットワーク・コマンドと,nbtstatやnetコマンドなどのWindows
ネット操作コマンドのオプション一覧を掲載したコマンド・リファレンスを
本体から切り離して使える別冊形式で同梱する予定です。従来の超入門シリ
ーズと同様,予備知識がなくてもビジュアルな誌面と丁寧な記述で基礎技術
および最新技術が身に付けられるわかりやすい構成です。A4変型判,200ペー
ジ(予定)で,価格は1995円(1900円+税)です。お楽しみに。
予約購入申し込みは以下のURLから。
http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/book/books/coin/bpstore/07.html

============================================================================

8.次号(2005年11月号)予告

●『パワーアップ特集』——最新無線LAN構築ガイド
 無線LANはこの1年でずいぶんと普及しました。最近は,パソコンだけ
でなく,ゲーム機やネットワーク・オーディオ機器などでも活用される
ようになっています。無線LAN機器の側も,より速く,より安全に,そし
てより使いやすくするべく,さまざまな面で機能拡充を進めています。
 そこで本特集では,最新の無線LAN製品を適切に活用するために必要
となる知識を体系立てて基礎から解説します。
 「そろそろ無線LANを使ってみようかな」とあなたには無線LAN技術の
基礎と機器設定の実践テクニックを,「以前買った機器をそろそろ買い
換えたいんだけど」というあなたには最新技術/機器の特徴と違いを知っ
ていただける構成です。(平野)

●『ジャンプアップ特集』——RSS徹底研究
 今話題のブログとポッドキャスティングに共通する技術は何でしょう?
使う側から見るとあまり意識しないかもしれませんが,実はRSS(アール・
エス・エス)という技術が使われています。
 RSSをひとことで言うと,インターネットに公開される情報の要約情報。
それまでは情報に直接アクセスしないと情報の中身がわからなかったのが,
随時更新されるRSSを見ることで,どのような情報が新たに追加されたか,
といったことが簡単にわかるようになるわけです。
 Internet Explorerの次期バージョンでは,RSSにアクセスする機能が
備えられるようになるなど,今後ますます身近になることは間違いあり
ません。RSSを活用するための周辺技術も充実しています。そこでジャン
プアップ特集では,RSSの役割としくみをゼロから解説すると同時に,RSS
の考え方や周辺技術を含めた広がりも紹介します。(阿蘇)
 
●『製品研究室』—— ネットワーク機器管理ソフト
 次号の製品研究室では,ネットワーク機器管理ソフトを取り上げます。
「ネットワーク管理」とひと口に言っても,pingを使ったサーバーの
死活監視やWindowsネットワークの管理など,実にさまざまなジャンルが
存在します。今回は,ネットワークの中核を構成する「ルーターやスイッチ
などのネットワーク機器を管理する」という目的に的を絞って紹介します。
具体的には,SNMP(simple network management protocol)というプロ
トコルを使ってネットワーク機器から情報を収集・管理する機能を備えた
「SNMPマネージャ」について,基本的な管理のしくみや製品選択にあたっ
て注意すべき点などを見ていきます。(斉藤)

●『NETWORK調査隊』—— 謎の巨大ネットワーク「ボット・ネット」の正体
 命令一つで,数百・数千台のパソコンを思いのままに操る——。これが,
今インターネットで深刻な問題となっている「ボット・ネット」です。現在,
迷惑メールの送付やDoS攻撃の多くが,このボット・ネットを利用していると
言われています。これまであまり明るみに出ることのなかったボット・ネット
の実態に迫ります。(半沢)

============================================================================
★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承下さい。
----------------------------------------------------------------------------
◆メール登録内容の変更はこちらから。
https://passport.nikkeibp.co.jp/servlet/UpdateUserTopServlet
なお,変更・追加・中止の際には,ユーザーIDと暗証番号が必要です。

◆メール配信のユーザーID,暗証番号のお問い合わせはこちらから。
https://passport.nikkeibp.co.jp/bizpwd/search_pass/index.html

◆日経NETWORK倶楽部メールに関する各種お問い合わせはこちらから。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/ask_pass/

◆日経NETWORKおよび日経NETWORK倶楽部メールの内容に関するご意見・
 ご要望はこちらまで。
e-mail:nnwclub@nikkeibp.co.jp
fax:03-5210-8765

◆日経BP社に関する各種お問い合わせはこちらから。
http://store.nikkeibp.co.jp/QA/
tel:03-5696-1111

◆日経NETWORKのWebサイトはこちらから。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/NNW/

============================================================================
Copyright(C) 2005,日経BP社 掲載記事の無断転載を禁じます。
〒102-8622 東京都千代田区平河町2-7-6