PR
図1 LANスイッチのタイプ<BR>端末を収容するボックス型ノン・インテリジェント・タイプ,管理機能を備えるボックス型インテリジェント・タイプ,企業の基幹部分や通信事業者で使われるシャーシ型の3タイプがある。
図1 LANスイッチのタイプ<BR>端末を収容するボックス型ノン・インテリジェント・タイプ,管理機能を備えるボックス型インテリジェント・タイプ,企業の基幹部分や通信事業者で使われるシャーシ型の3タイプがある。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 LANスイッチの用途と種類&lt;BR&gt;オフィスでは,パソコンをつないだり,複数のLANスイッチを束ねる用途で使う。また,データ・センターで多数のサーバーを収容したり,広域イーサネット網を構築する場面でも使われる。
図2 LANスイッチの用途と種類<BR>オフィスでは,パソコンをつないだり,複数のLANスイッチを束ねる用途で使う。また,データ・センターで多数のサーバーを収容したり,広域イーサネット網を構築する場面でも使われる。
[画像のクリックで拡大表示]

 現在のコンピュータ・ネットワークにおいて,最も多く使われている機器がLANスイッチ(レイヤー2スイッチ)である。ネットワークのさまざまな部分に利用されており,利用場所によって求められる機能もさまざまだ。机の上に置いて使う小型スイッチから,企業の中核や通信事業者で使われる大型スイッチまでを取り上げ,役割と機能の違いを探っていく。

 複数のパソコンをつないで通信させたいと思ったとき,出番となるのがLANスイッチ*である。数あるネットワーク機器の中で,最も利用されており,かつ,最も身近な装置である。

 LANスイッチは,受信したLANデータを,あて先の機器がつながるポートへ転送(スイッチング)する装置である。MAC(マック)アドレスというレイヤー2レベルのあて先情報を基にすることから,「レイヤー2スイッチ」とも呼ばれる。

 LANスイッチと外観が似た機器にルーター*やレイヤー3スイッチがある。これらは,レイヤー3レベルのあて先情報であるIPアドレスに応じた中継処理を実行する装置である。レイヤー3スイッチもMACフレームの転送機能を持つが,今回は,IPパケットの転送機能は持たない“純粋な”レイヤー2スイッチを取り上げる。

利用場所はネットワークの全域

 LANスイッチは,個人用途のものから事業者が使うものまで,種類は数知れない。そこで,製品の役割や機能を見ていくうえで,製品のタイプを三つに分類した。(1)ボックス型ノン・インテリジェント・タイプ,(2)ボックス型インテリジェント・タイプ,(3)シャーシ型——である(図1[拡大表示])。

 三つのタイプのLANスイッチの違いを利用場所とともに見てみよう(図2[拡大表示])。

 ボックス型ノン・インテリジェント・タイプは,ネットワークの末端で使われる小型のLANスイッチである。オフィスでは,机の上などに置いてパソコンをLANに収容する用途で使う。

 ボックス型インテリジェント・タイプは,SNMP*による管理機能を持ったボックス型のLANスイッチである。端末を収容するだけでなく,管理者がLANを効率的かつ安定的に運用するためのさまざまな機能を備える*。拡張用スロットを備える製品もあり,19インチ・ラックに収まるサイズの製品が多くなる。

 シャーシ型は,シャーシ(本体)のスロットに必要なぶんのインタフェース・モジュールを挿入して使う大型LANスイッチである。企業のビル全体を束ねたり,通信事業者が広域イーサネット網やデータ・センターを構築するのに使われる。