PR
複数のアンテナで異なるデータを同時に送受信して高速化する
複数のアンテナで異なるデータを同時に送受信して高速化する
[画像のクリックで拡大表示]

 MIMOとは多入力・多出力という意味で,無線通信方式の一つ。現在,標準化作業が進められている次世代の無線LAN規格IEEE802.11nを実現する伝送技術として有望視されている。

 特徴は,複数のアンテナでデータを同時伝送する点にある。MIMOは複数のアンテナを使うことで生じる複数の経路を独立した伝送路と見立てて,各アンテナがそれぞれ異なるデータを同時に送受信する。このため,アンテナの数に比例して伝送速度が向上する。

 アンテナを2本使った例で説明しよう(図)。送信側の端末はデータを2分割し,それぞれを別々のアンテナから送信する。一方,受信側のアンテナには送信アンテナ1から送信された信号と,送信アンテナ2からの信号が合成された形で届く。したがって,受信側では合成された信号から,元の信号に戻す必要がある。

 そこで,受信側端末は信号が伝わる経路の伝達特性をあらかじめ調べておく。例えば,「送信アンテナ1からの信号強度は××で,送信アンテナ2からだと○○になる」といった具合だ。これらの情報と受信信号を使って,元の送信信号を計算によって求める。そして最後に送信アンテナ1から受け取った情報と,送信アンテナ2から受け取った情報をつなぎ合わせて全体のデータを復元する。

 ただし,MIMOは既存の無線LANの変復調技術を置き換えるものではない。IEEE802.11aや11gが採用する変復調方式であるOFDM(orthogonal frequency division multiplexing)などと組み合わせて使う。