PR

 Manila Times紙に掲載された記事の冒頭は身の毛がよだつ内容だ。こんなことが書かれていた。「17~35歳の男性が野球帽をかぶり,バックパックを背負い,携帯電話機を握り締め,落ち着きなく動いていたら,テロリストの可能性がある」

 これについて検討してみよう。ニューヨークシティでは毎日約450万人が地下鉄を利用している。Manila Times紙の挙げた特徴が,利用者の1%に一致したとする。その結果,日々2万5000人のテロリストがニューヨークシティの地下鉄を使っているというのか?それはまずないだろう。

 記事は残りの部分でやや“まし”になるが,それにしてもひどい内容だ。

http://www.manilatimes.net/national/2005/oct/08/...

Copyright (c) 2005 by Bruce Schneier.


◆オリジナル記事「A 'Typical' Terrorist」
「CRYPTO-GRAM November 15, 2005」
「CRYPTO-GRAM November 15, 2005」日本語訳ページ
「CRYPTO-GRAM」日本語訳のバックナンバー・ページ
◆この記事は,Bruce Schneier氏の許可を得て,同氏が執筆および発行するフリーのニュース・レター「CRYPTO-GRAM」の記事を抜粋して日本語化したものです。
◆オリジナルの記事は,「Crypto-Gram Back Issues」でお読みいただけます。CRYPTO-GRAMの購読は「Crypto-Gram Newsletter」のページから申し込めます。
◆日本語訳のバックナンバーは「Crypto-Gram日本語訳」のページからお読みいただけます。
◆Bruce Schneier氏は米Counterpane Internet Securityの創業者およびCTO(最高技術責任者)です。Counterpane Internet Securityはセキュリティ監視の専業ベンダーであり,国内ではインテックと提携し,監視サービス「EINS/MSS+」を提供しています。