PR

 サーバーが処理の主体となる「シンクライアント」の概念は,パソコンを使う上で日々発生する目に見えない管理コスト(TCO:Total Cost of Ownership)への対策として急速に注目を集めた。さまざまなシンクライアントが1990年代後半から相次いで登場。キー入力を伝えてサーバーの処理結果を受け取るだけの単機能の「端末」をクライアントとするサーバー集中型のシステムに回帰することで,処理能力や記録容量の向上,ソフトウェアのバージョンアップ作業といった管理コストを下げるのが狙いだった。