PR

 「危ない!」。坂道を登り切るといきなり,ガードレールが眼前に現れた。ほとんど無意識のうちにブレーキを踏む。車体が軽くガードレールに触れたが,何とか大事故にはならなかったようだ。外に出ると,右のライトにヒビが入っていた。幸い走行に支障はない。

 カーナビによれば,今走っている道路は1km近く続く直線のはずだった。だからこそ,減速することなく飛ばしていたのだ。ほぼ直角に曲がるカーブがあるなんて,どこにも表示されていない。最近工事を始めたのかとも考えたが,そういった雰囲気ではない。そもそも,今朝地図データをアップデートしておいたはずだ。何かがおかしい。

 とりあえず難しいことを考えるのは後回し。営業先との約束の時間が迫っている。もはやカーナビは信用できない。1年以上使っていない地図帳を取り出し,先方の住所から目的地を探す。「これなら10分でつけそうだ」。頭に地図をたたき込み車を発進させた。