PR
デモネットワークの構成
デモネットワークの構成
[画像のクリックで拡大表示]
遅延・ゆらぎ・ロスや,ハンドオーバー時の途切れを防ぐ
遅延・ゆらぎ・ロスや,ハンドオーバー時の途切れを防ぐ
[画像のクリックで拡大表示]

 無線LANシステムの普及に伴い,無線LAN環境で音声通話を行いたいという要求が高まり,VoWLAN(Voice over Wireless LAN)が注目されています。しかしながら,通常のデータ用途の無線LANと比べてVoWLANでは,盗聴や成りすましなどに対抗するためのセキュリティの強化はもちろんのこと,音声品質を維持するという条件が必須となってきます。

 BR2100シリーズは,最新のWiFiセキュリティ規格IEEE802.11iに準拠しており,暗号方式はWEP,TKIP,AESをサポートしています。認証方式もMACアドレス・フィルタ(本体に5000件登録可能,RADIUS MACフィルタも使用可能),802.1X認証(EAP-TLS,EAP-TTLS,EAP-PEAP)に対応しています。これにより無線LANにおけるセキュリティの欠点であった盗聴や成りすましによる不正使用をほぼ完全に防ぐことができます。

 またVoWLANにおいては,音声とデータが混在するときに発生する音声パケットの遅延・ゆらぎ・ロスや,移動に伴うアクセス・ポイントの切り替え(ハンドオーバー)時の途切れなど,データ通信ではあまり気にならない事象が音声品質を劣化させます。これを防ぐためにBR2100シリーズでは,音声パケットを優先するIEEE802.11e(EDCA)準拠のQoS機能や音切れを防ぐ高速ハンドオーバー機能,過剰な端末接続による音声劣化を防ぐ接続制限機能を備えています。さらに従来の製品では高価なコントローラを必要とするシステム構成でしたが,BR2100シリーズではコントローラを必要としない分散型システム構成であるため,小・中規模向けのオフィスでも比較的安価に導入できます。

 展示ブースでは,BR2100シリーズのセキュリティ機能を確認していただくとともに,高品質な音声通話の実際を体感していただけます。