PR
 Linuxコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

batch  自動的にジョブを実行する (1)

 構文  
batch [-V] [-q queue] [-f file] [-m] TIME

 オプション  
-V batchのバージョンを表示する
-q queue 指定したキューを使用する。queueにはa~z,A~Zのうち1文字を指定できる。ただし,aはatが,bはbatchコマンドが使用する。優先度はaが一番高く,Zがもっとも低くなる
-f file ファイルからジョブを入力する
-m ジョブが終了した後,コマンドの出力がなくてもメールで終了を知らせる
TIME ジョブを実行する時刻を指定する。日付は,MMDDYY,MM/DD/YY,MM.DD.YYなどで指定できる。ただし,MMは月をDDは日をYYは年の下2 桁を表す。時間はhh:mmで指定できるほか, midnight(真夜中),noon (正午),teatime (午後4時)などを指定することもできる。

 説明  

自動的にジョブを実行する。このとき,batchはシステムに高負荷をかけないよう順次ジョブを実行してゆく。実行結果はメールで登録者に知らされる。


 使用例  
16時11分にloginに関するlogを切り出す
$ batch 16:11
> echo -n "Jan 10 : " >> login.log
> gerp -c "Jan 10.*: (login)" /var/log/message >> login.log
> ^d ←[Ctrl]キーと[D]キーを同時に押す

 関連事項  
atatqatrmcrontab