PR
 Linuxコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

lpr  プリンタで印刷する (1)

 構文  
lpr [-# num] [-i [numcols]] [-P printer] [-T title] [-w num] [-dlmpsv] [name ...]

 オプション  
-# num numで指定した部数を印刷する
-i [numcols] 出力を8文字でインデントする。numcolsの指定がある場合はその数字分インデントする
-P printer 指定したプリンタprinterに出力する。指定しない場合は,デフォルト・プリンタが使用されるか,環境変数PRINTERの値が使われる
-T title prのタイトル名に,ファイル名ではなく指定した文字列titleを使う
-w num prのページ幅をnum(数値)にする
-d ファイルがTeXのDVIフォーマットであるとみなす
-l コントロール・キャラクタを用いて,ページの区切りを抑制するフィルタを利用する
-m 印刷終了時にメールを送って知らせる
-p ファイルの整形にprコマンドを利用する
-s スプール・ディレクトリに印刷するファイルをコピーせず,ファイルのシンボリック・リンクを作成する
-v ファイルがラスタ・イメージを含んでいるとみなす

 説明  

プリンタで印刷する。出力はプリンタの管理キューに送られ印刷を待ち,ジョブの順番ごとに,印刷を実行する。


 使用例  
report1.txtを印刷する。印刷終了後にメールで知らせる
$ lpr -m report1.txt

 関連事項  
lpqlpclprm