PR
 Linuxコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

umount  ファイル・システムをアンマウントする (8)

 構文  
umount -a [-nrv] [-t vfstype] [device | Position]
umount [-nrv] device | dir [...]

 オプション  
-a /etc/mtabに記述されているすべてのファイル・システムをアンマウントする
-n アンマウントをする際,/etc/mtabに情報を書き込まない
-r アンマウントが失敗した場合は,読み込み専用で再マウントを試みる
-v マウントの詳細を表示する
-t vfstype 対象を指定したファイル・システムのみにする。カンマで区切ることで複数のファイル・システムを複数指定できる
device アンマウントするデバイスを指定する
position アンマウントするデバイスのマウント・ポイントを指定する

 説明  

ファイル・システムをアンマウントする。フロッピ・ディスクやCD-ROMのイジェクトなどデバイスを切り離す前には必ず行う必要がある。


 使用例  
CD-ROMをアンマウントする
# umount /dev/cdrom
  あるいは,
# umount /mnt/cdrom
(CD-ROMドライブを,/mnt/cdromにマウントしているとき)


フロッピ・ディスクをアンマウントする
# umount /dev/fd0
  あるいは,
# umount /mnt/floppy
(フロッピを,/mnt/floppyにマウントしているとき)

 関連事項  
mountdfフロッピ・ディスクを使うCD-ROM,DVD-ROMを使うハード・ディスクを増設する