PR
 シェル・スクリプト・リファンレス
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 終了コード

 コマンドやシェル・スクリプトなどを実行し終えると,終了状態を表す終了コードを返してくる。多くの場合は正常終了した場合に「0」,異常終了した場合に「1」を終了コードとして返す。たとえば,コピーを考えてみよう。コピーが正常に終了すると,


$ cp sourec dist 
$ echo $?           ←  終了コードを表示する
0

のように0を返す。逆にファイルが存在しないなどでコピーが正常に行えない場合は,


$ cp none_file dist 
cp: cannot stat `none_file': No such file or directory
↑  ファイルが存在しないためエラーが表示された
$ echo $? 
1

のように1を返す。

 この終了コードを利用して条件分岐や繰り返しの処理などが行える。