PR
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 パーミッションを変更する
# chmod a+w target_file

 ファイルやディレクトリのアクセス権限を指定するには「chmod」コマンドを用いる。これによりファイルやディレクトリを使用できるユーザーを制限できる。

 使用例を以下の表に示した。


コマンド 意味
chmod a+w target_file すべてのユーザーが書き込み可能
chmod a+x target_file すべてのユーザーが実行可能
chmod 777 target_file すべてのユーザーにすべてのアクセス権を与える
chmod 755 target_file すべてのユーザーが実行できるが,所有者以外の書き込みは不可
chmod 644 target_file すべてのユーザーが読み出し可能だが,所有者以外の書き込みは不可
chmod a-w,a-x target_fiie 読み出し専用ファイル
chmod u+s target_file セット・ユーザーIDを付加する。他のユーザーが実行する際,所有者の権限で実行する
chmod g+s target_file セット・グループIDを付加する。他のユーザーが実行する際,グループの権限で実行する
chmod 700 target_dir プライベートなディレクトリ
chmod 755 target_dir 公開ディレクトリ。ただし所有者以外の書き込みは不可
chmod 777 target_dir フリーなディレクトリ
chmod 1777 target_dir スティッキ・ビットを付加したディレクトリ。ディレクトリ内のファイルは所有者のみ削除,ファイル名変更を行える
chmod 000 target_file すべてのアクセスを無効にする


 応用:指定したディレクトリを個人用にする
$ chmod -R g=,o= target_dir

 指定したディレクトリ以下を所有者以外はアクセスできないようにする。