PR
 シェル・スクリプト・リファンレス
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 変数の利用

 設定した変数を利用したい場合は,変数名の前に「$」を付ける。たとえば,My_Nameの内容を見たい場合は,


$ echo $My_Name 
Fukuda

とする。また,「${変数名}」のように指定してもかまわない。


$ echo ${My_Name} 
Fukuda


 代入と利用を同時に行う

 メタ文字を表示したい場合は,メタ文字の前にバック・スラッシュ(\)を付ける。たとえば,「$100」と表示したい場合は,


$ echo \$100 
$100

 「${変数名=値}」とすることで変数の代入と利用を同時に行うこともできる。たとえば,変数のセットと閲覧を同時に行いたい場合は,


$ echo ${My_Name=Fukuda} 
Fukuda

とする。ただし,この場合は変数が未定義である必要がある。もし,すでに定義済みであった場合は,変数への値の代入はされず,すでに代入されている値が表示される。


$ My_Name=Tejima 
$ echo ${My_Name=Fukuda} 
Tejima

 また,「${変数名:=値}」とした場合,変数がすでに定義済みであっても,値がNULL状態の場合に限って,値の代入がされる。


$ My_Name=Tejima 
$ echo ${My_Name:=Fukuda} 
Tejima                   ← 値がすでに代入されているため元の値が利用される
$ My_Name=             ← 変数をNULL状態にする
$ echo ${My_Name:=Fukuda} 
Fukuda                   ← 値を代入してからコマンドを実行する