PR
 シェル・スクリプト・リファンレス
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 数値の条件式

 2つの数値の条件判別も行える。行える判別は表のようなものがある。ただし,指定する数値は正または負の整数でなければならない。


条件式 意味
数値1 -eq 数値2 指定した数値1と数値2が同じであれば真を返す
数値1 -ne 数値2 指定した数値1と数値2が等しくなければ真を返す
数値1 -lt 数値2 指定した数値1が数値2より小さければ真を返す
数値1 -le 数値2 指定した数値1が数値2より小さいか同じであれば真を返す
数値1 -gt 数値2 指定した数値1が数値2より大きければ真を返す
数値1 -ge 数値2 指定した数値1が数値2より大きいか同じであれば真を返す

 たとえば,環境変数UIDが500以上であるかを調べるには,


$ echo $UID 
505            ← UIDの内容
$ test $UID -ge 500 
$ echo $? 
0

などとする。例では真を返したのでUIDは500以上であることが分る。