PR
 シェル・スクリプト・リファンレス
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 シェル関数の引数

 シェル関数では,引数が利用できる。引数は位置パラメータに保存される。たとえば,以下のようなシェル関数があったとする。


show_arg()
{
	echo "0:$0 1:$1 2:$2 3:$3 4:$4 5:$5 6:$6 7:$7 8:$8 9:$9"
}

 このシェル関数にいくつかの引数を与えて実行すると,


$ ./show_arg arg1 file dir 15 31 
0:-bash 1:arg1 2:file 3:dir 4:15 5:31 6: 7: 8: 9:

のように,各位置パラメータに代入される。また,シェル・スクリプトの位置パラメータとは異なり,シェル関数の位置パラメータ$0には現在動作中のシェル名(ここではbash)が入る。