PR
 シェル・スクリプト・リファンレス
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 変数の値の文字列操作

 文字列操作に利用するcut,sed,trは指定したファイルまたはパイプで引き渡された値を処理し,その結果を表示する。そのため,それぞれのコマンドの後に引数で変数内の値を与えても,処理されずにエラーが発生してしまう。

 そこで,変数の値をcut,sed,trで処理したい場合には,echoで変数内の値を処理し,その結果をパイプでそれぞれのコマンドで渡す。つまり,以下のように記述する。


echo $変数名 | コマンド

 たとえば,cutで処理したい場合は,


$ string="Nikkei Linux" 
$ echo $string | cut -c 4-6 
kei

とする。

 また,処理した値を変数に代入したい場合は,


変数名=`echo $変数名 | コマンド`

のように,処理全体をバック・クォーテイションでくくってしまう。たとえば,先ほどの例の処理結果を変数に代入するには,


$ string="Nikkei Linux" 
$ result=`echo $string | cut -c 4-6` 
$ echo $result 
kei

とする。