PR
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 プログラムを強制終了する
$ kill -KILL 14673
# killall -KILL xfs

 プログラムがハングアップすると「kill」コマンドでは終了しない場合がある。この場合は強制的に終了することになる。強制終了には「kill -KILL」や「killall -KILL」を用いる。

 psなどで,強制終了させる対象プログラムのプロセスIDを得て,killコマンドの後ろに指定する。ジョブIDを指定する場合はジョブIDの前に「%」を付ける必要がある。「kill」の場合は,プロセスIDを調べて指定する必要があるが,「killall」ならコマンド名で指定できる。

 なお,ルート権限で動作するデーモンなどを停止させるにはkillまたはkillallを実行する前にルート権限を取得する必要がある。