PR

 3月1日にIT Proは大幅なリニューアルをした。併せて名称(表記)が「ITpro」へと変わった。どこがどのように変わったのかを,構成を交えて紹介したい。

 今回のリニューアルの狙い,骨子は大きく2つある。一つは,デザインと操作性に徹底的にこだわり,見やすくて使いやすいサイトにすること。そしてもう一つは,ニュースやニュース解説にとどまらず,技術解説記事や入門記事,製品/各種サービスやベンダー情報を含め,IT関連情報を幅広くカバーし,かつ奥深く掘り下げて提供することである。

見やすく,使いやすいサイトに

 デザインについては,シンプルで見やすいことを最重要視して,デザイナに作りこんでもらった。基本的には,左段に記事やインデックス本体,下部と右段に関連情報を配する。

 Web全体にわたるトーンから細部のモティーフにいたるまで,妥協することなく,最上のものを目指した。相当数のデザイン案を検討し,場合によってはいくつかのデザイン要素を組み合わせてみるなどの試行錯誤もした。

 色にも,雑誌や書籍を作るとき以上に注意を払った。特にアンカーとなる文字列(リンク元)の色については,従来に比べ彩度を大きく引き下げ,目に優しいものとした。また,計10個あるテーマ(「Enterprise」「Network」「Security」・・・)それぞれに異なる色を割り当て,各テーマ・ページともその色をベース・カラーとして生かすよう工夫した。

 プルダウン・メニューなど,実際にマウス・カーソルをそこに載せてみないと何が起こるか分からないものの使用は極力避けた。直感的に操作できるようにしたいがためである。

エッジが効いた4つのサブサイト登場

 リニューアルのもう一つの目玉が,利用者の立ち位置に応じて,必要とされる情報を整理した形で,かつそれにふさわしいデザインで提供するべく立ち上げた,以下の4つのサブサイトである。それら4つのサイトへは,ITproのWebページ上部に配したボタンなどから行ける。

■現場で奮闘するエンジニアのための「ITproTech

 IT現場で実務に携わるエンジニアの方に向け,実践的な専門情報や実務解説,技術解説をお届けするサイト。実務で出くわした課題や問題をいち早く解決できるよう,Q&Aやハウツー情報も盛り込んだ。WindowsやLinux,ネットワークのコマンド集,キーワード解説なども充実させた。

■IT製品・サービスのディレクトリ「ITproData

 目的にかなう製品やサービスにはどのようなものがあるのか,それら製品やサービスにはどのような違いがあるのか---。製品やサービスの選定・選択に携わる方に向け,製品/サービスのディレクトリ情報や解説,製品ニュースなどの記事を提供する。さらに,選択のノウハウ,製品やサービスの活用技術も踏み込んで紹介する。なお,現在は暫定オープンであり,本格オープンは4月上旬を予定している。

■初歩から学びたい若手技術者を応援「ITproStart

 これからITについて学ぼうとする学生や若手エンジニアに向けて,どこから手をつけて,どのように習得すればいいかをティーチング。前提知識なしに順を追って理解を深めていける入門講座や,見て聞いて楽しみながら知らず知らずのうちに学べるEラーニング・コンテンツなどを準備。IT現場のエンジニアであっても,知っているつもりだが実はよく分かっていない領域について,このサイトで再入門し,自分の専門領域を広げていただきたい。

■著名人や専門家が語るITの鍵「ITproWatcher

 130人を超える日経BP社のIT専門記者が取材活動等を通して築いた人脈をフル活用し,IT業界の著名人や深い見識を持つ専門家を中核とするコミュニティを形成。3月には30名程度がブログ・スタイルで直に情報を発信。感度の高いITプロフェッショナルに向けて,最新の技術情報から話題の事件・事故にまで,タイムリーに鋭く斬りこむ。ガイダンス付きのお奨めリンクについても紹介していく。

 本コラムでは明日から4日間,上記4サイトのサイトマスターに,お勧めやこだわりのコンテンツ紹介を兼ねて,つぶやいてもらう予定である。