━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■                              Vol.0001
□■□       ★☆  ITproTech メール  ☆★
■□■                           2006年01月12日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ 目次 ---------------------------------------------------------------
▼担当者から
▼取材行脚こぼれ話
▼今週の見どころ
▼今週の腕試し
▼トピックス
▼各誌の最新目次から 【日経Linux 2月号】
---------------------------------------------------------------------------
■ 担当者から
 今日からITproTechメールがスタートします。毎週木曜日に,ITに関する様々な情
報や最新ニュース,イベントや日経BP社が発行するIT関連雑誌の最新号に関するお
知らせをお届けします。ITproTechメール独自のコンテンツも用意します。
 ITproTechメールで取り上げてほしい話題など,ご意見がありましたら,ぜひお
寄せください。読者の皆様と一緒によいメール・マガジンに育てていきたいと思い
ます。今後も内容を拡充していく予定ですので,ご愛読のほど,よろしくお願いい
たします。
                      ITproTechメール担当 山口 哲弘

         ■■■■■ 取材行脚こぼれ話 ■■■■■
 次々と新しい技術が登場し,そこで活躍する企業や人々も目まぐるしく変わって
いくIT業界。そんな厳しいIT業界の中で,取材先に強い印象を残していく和服姿の
フリーランスライターがいます。その名は吉田育代(よしだ いくよ)さん。彼女が
取材先で体験した裏話や身の回りで起きた出来事を,毎月1回こっそり教えてもらお
うというのが「取材行脚こぼれ話」です。これまで日経ソフトウエアメールでご好
評いただきましたが,ITproTechメールでも引き続き連載することになりました。さ
て,今月はどんなお話が聞けるでしょうか?
---------------------------------------------------------------------------

新春取材行脚こぼれ話 「やる気になればなんでもできる!?」
                      フリーランスライター 吉田育代

 あけましておめでとうございます。いいお正月を過ごされましたでしょうか。本
年も取材行脚こぼれ話をよろしくお願いいたします。

 実は去年の暮れ、誘われてホノルルマラソンに参加してきました。決めたのが8月
の末。9月からトレーニングを始めるも、ほぼなんの確信も持たずに本番に突入し
てしまいました。根性だけでなんとか乗り切ろうと思ったのですが、世の中そんな
に甘くありません。約15km地点でおしりの筋肉がつって、あとは歩いたり、走った
り。結果、7時間40分というすごいタイムでゴールすることになってしまいました。

 でも、なにか楽しかったんですよね。コスプレのランナーがたくさんいたり、彼
女にプロポーズしながら走っているカップルがいたり、みんな自分のペースであっ
けらかんと走っているんです。もちろん、2時間台、3時間台で走ろうとしている人
々はもっと真剣なんですけれども、自分との闘いでいいなら私にももう少しできる
んじゃないかと思いました。また、なんとかかんとかゴールしたことで変な自信が
ついちゃって、「42.195kmを走ることに比べたら、これぐらい何でもない」と思う
ことが格段に増えました。

 で、今年も走ろうと思っています。このタイムで終わるにはあまりにはくやし
すぎるので。私は中間テストで失敗して、期末テストで取りかえすタイプなんで
す(笑)。どうせなら仲間を増やしたい、IT業界ホノルルマラソン部でも作りたいと
思って、取材に行くと話のついでに「今年、一緒にいかがですか?」と水を向けて
みるんですが、速攻で「無理!」という返事がかえってくるんですよね。走れると
思うんだけどなあ、今からトレーニングすれば。みんな意外に自分に対して低く限
界設定してしまっているようです。もったいないなあと思うことが何度かありまし
た。

 そこでというわけではないのですが、私の今年のテーマは“すぐに無理っていわ
ない”。なんでも言下に否定しないで、一度は可能性を探ってみる方向で今年一年
を生きてみたいと思います。

          ■■■■■ 今週の見どころ ■■■■■
●Java技術最前線
「一目でわかるProject Looking Glass その2」第1回
 あけましておめでとうございます。今年で11年目となるJavaですが,Java EE 5や
JavaSE 6のリリースなど話題はつきません。本連載ではこれらの動きについてもど
んどん紹介していきたいと思っていますので,よろしくお願いします。さて,今月
は先月に引き続き Project Looking Glassを紹介していきます。
続きはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060110/227000/

●64ビットWindowsへの準備はできてますか?
 最近私は,多くのユーザーから「64ビット版のWindows XPに興味を持っている」
というメッセージをもらっている。彼らの多くは,64ビット版Windowsの性能や,
アプリケーションの対応について,多数の疑問を持っていて,新しい64ビットOSを
使うために新しいハードウエアを購入すべきかどうか迷っている。
続きはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Windows/20060105/226900/

●今から始めるSQL Server 2005[第5回]
大幅に強化されたビジネス・インテリジェンス機能
 SQL Serverは,データベース・エンジンに加え,OLAPやデータ・マイニング,
レポーティング機能を搭載することで,データの管理と活用の基盤としての実績を
積んでいる。SQL Server 2005ではそれをさらに強化する。
続きはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20051206/225798/
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20051208/225953/

●今から始めるSQL Server 2005[第6回]
.NET Frameworkとの連携
 SQL Server 2005は,.NET Frameworkを統合した開発環境を備える。.NET
Frameworkの開発ノウハウによってSQL Server 2005のストアド・プロシージャやト
リガーなどのオブジェクトを開発できるようになる。
続きはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20051212/226063/

●「x64への移行を早める」というMicrosoftに対する読者の意見
 筆者は先日,「Microsoftは自社のサーバー製品群をx64プラットフォームに移行
させ,x86から離れる方針だ」という記事を執筆した。Windows Serverは徐々にx64
に移行し,次の世代ではx86とx64の両方をサポートする。しかしいくつかの主要サ
ーバー製品は,x64版しかリリースされない可能性があるという内容である。
続きはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Windows/20060105/226901/

●みずほ証券の誤発注,問われるフェイルセーフ
 2005年12月8日に起きたみずほ証券の誤発注問題は,同社に約400億円の損失をも
たらしただけでなく,市場の信頼をも揺るがした。東証の売買システムが抱える不
具合はもとより,“誤り”が発生することを前提とした対策のお粗末な現状が浮き
彫りになった。
続きはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20051227/226805/

●【MacWorld2006】「従来機よりも4倍高速」---Steve Jobs氏の基調講演レポート
 米Apple社のCEOであるSteve Jobs氏は2006年1月10日,「MacWorld Expo San
Francisco 2006」の基調講演で,iPod用FMチューナーや個人用ソフトウエア
「iLife '06」,低価格オフィス・ソフトの「iWork '06」,米Intel製プロセッサ搭
載「iMac」「MacBook Pro」などを発表した。その様子を詳しくレポートする。
続きはこちら... http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060111/227093/

●【CES2006】米Intel,新プロセッサ「Core」やPCの新規格「Viiv」を正式発表
 米IntelのCEOであるPaul Otellini氏は2005年1月5日,「2006 International
CES」で基調講演を行い,新プロセッサ「Core」やエンターテインメント・パソコ
ンの新規格「Viiv」を正式発表した。プロセッサの名前はPentiumからCoreに変更さ
れたが,この名称変更は実に13年振りのことである。Viivは,ハードウエアではな
くソフトウエアやコンテンツ配信事業者までIntelが指定する規格だ。
続きはこちら... http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060106/226951/

●【CES2006】浮き彫りになったホーム・ネット戦国時代の構図,
米AppleもIntelのViiv対応機発表か?
 「2006 International CES」では基調講演が5回実施されたが,その内容はいず
れも非常に似通っていた。米Microsoft,ソニー,米Intel,米Yahoo!の講演では,
「HD動画の供給からホーム・ネットワークの構築までの一貫したソリューションを
提供する」という内容が繰り広げられた。また,MS,Intel, Yahoo!,米Googleの
講演では,コンテンツ配信に関する発表があった。
続きはこちら... http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060109/226987/

●【CES2006】Google Earthの展望を語り,
「家電業界へのお願い」を伝えたGoogle基調講演
 米GoogleのLarry Page共同創設者兼製品部門担当社長は2006年1月6日,
「2006 International CES」で基調講演を行った。Googleの基調講演は,今回の
CESで最も注目されていたイベントである。基調講演では「Google Pack」と
「Google Video」が発表された
続きはこちら... http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060107/226981/

●[NETWORK調査隊]「ボットネット」の正体を探る -- No.2
詳しくはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20051214/226222/

●WindowsやOfficeに危険なセキュリティ・ホール,Microsoft Updateの実施を
詳しくはこちら... http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060111/227036/

           ■■■■■ 今週の腕試し ■■■■■
●RACの性能を向上させる方法は?

 Oracleのクラスタリング機能「Real Application Clusters(RAC)」は,複数の
ノードからデータベースを共有する機能です。ノード追加によるスケールアウト
が可能ですが,一般に,RACの性能向上を図る方法として正しいものはどれでしょ
うか? あてはまるものをすべてお答えください。

 (1)参照処理を減らす
 (2)更新処理を減らす
 (3)テーブルを分割する

●以下で解答を送信いただくと,すぐに正解と詳しい解説をご覧いただけます。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060106/226944/

           ■■■■■ トピックス ■■■■■
 ★日経システム構築主催「演習付き!心をつかむ提案書の作成術」セミナー★
===========================================================================
今,ユーザー企業はRFP(提案依頼書)を発行し,複数ベンダーによるコンペの機会
を増やしています。ベンダーとしては,競合に打ち勝つ提案書を短い時間により多
く作らなくてはなりません。本セミナーでは,ユーザーの心をつかむ提案書の作り
方を演習形式で学びます。ぜひ奮ってご参加ください。※筆記具を必ずご持参くだ
さい。

 2006年2月3日(金) 13:00~16:30 ※開場12:30 @東京ビッグサイト(東京・有明)

 [Part1] ユーザーの心を動かす 講師:ビーコンIT 木村 哲氏
 [Part2] ユーザーに意図を正しく伝える 講師:イントリーグ 永井 昭弘氏

▽ご案内・お申込みは→ http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/nos/semi/0602/
===========================================================================

      ★ソフトウエア品質向上セミナー2006のご案内★
===========================================================================
低コスト,短納期,仕様変更の要求等厳しい開発環境下でどのようにソフトウエア
の品質向上を図るべきかはSEにとって最大の関心事です。そこで日経ソフトウエア
と日経ITプロフェッショナルでは設計時点のレビューから実装段階のテストまで品
質向上の最適解を方法論とソリューションの両面から探るセミナーを実施します。
ぜひ参加ください。

・基調講演
「いま現場で何が起きているのか-移行・運用視点からのシステムトラブル」
・特別講演
「設計品質確保の考え方とインスペクション技法にもとづく効果的な設計レ
ビュー」
◆日時:2006年2月6日(月) 11時~18時 (予定)
◆会場:都市センターホール(東京都千代田区平河町2-4-1)
◆定員:200名 ◆受講料:無料
◆主催:日経ソフトウエア,日経ITプロフェッショナル
詳細およびお申し込みは http://itpro.nikkeibp.co.jp/as/nsw/q06

         ■■■■■ 各誌の最新目次から ■■■■■
◆日経Linux 2006年2月号 好評発売中!
「日経Linux 2006年2月号」は2006年1月7日発売です。
定価は1490円(税込み)です。

詳細は,http://itpro.nikkeibp.co.jp/linux/backnum/newest_mokuji_02.shtml

◇編集部から
 特集1は,超省電力Linuxマシンの作成法です。超省電力Linuxマシンの自作には
「低スペックPCの活用法」「好みのLinuxを作成する方法」「カーネルコンパイル」
の要素が詰まっています。自作までには至らなくても,読み応えは十分。是非,
ご一読ください。特集2では,Linux上でWindowsアプリケーションを動作させる
フリーソフトWineの実力を検証。導入設定は簡単ですので,お気に入りのWindows
アプリケーションが動くかどうか,是非お試しください。
 また今月号から,入門者向けの新コラム「Linuxのすゝめ」を開始いたしました。

◇特集1
小型・静音・超省電力に挑戦
2006年版 Linuxマシンを自作する
 日経Linuxは「2006年版 Linuxマシン」をずばり「超省電力マシン」と考えます。
24時間365日稼働させても電気代を1000円程度しか消費しない,究極のエコ・マシン
を組み込み向けのCPUとマザーボードを使って作ります。本特集を読めば,インテル
互換CPU,インテル非互換CPUのそれぞれについて自作テクニックが分かります。

◇特集2
Wineのベータ版がついに登場
Linux上でWindowsソフトを動かそう!
 Linux上でWindowsアプリケーションを動作させるソフト「Wine」のベータ版が
ついに登場しました。Wineの仕組みと導入手順を説明するとともに,いくつかの
Windowsアプリケーションを実際に動作させます。果たして,「Microsoft Office」
といったWindowsの定番ソフトはきちんと動くのか。Wineの実力を検証します。

◇特別企画 カーネル・コンパイル入門(前編)
 ソース・コードが入手できるLinuxならではの楽しみが,カーネルコンパイル。
より新しいカーネルのソース・コードを入手し,コンパイルして導入すれば,最新
機能や新しいデバイスをいち早く試せます。初めてカーネルコンパイルに挑戦する
人に向けて,最新カーネルを安全に導入する方法を解説します。

◇新春スペシャル Samba管理者のためのWindowsネットワーク入門
 Sambaの管理に欠かせないWindowsネットワーク特有の仕組みについて,Sambaの
設定と対比させながら分かりやすく説明します。

◇実学 Linuxのすゝめ
Linux固有の概念と決まりごと
 Linuxやその上で動くソフトウエアを実際に使うために役立つ知識や操作方法を
説明します。UNIX文化を引き継ぐLinux固有の概念や決まりごとを紹介します。

◇チャレンジ連載
△赤松流 付録CD-ROMを使ってLinuxを自作する(第6回)
接続確認コマンド「netstat」のインストール

◇再入門 体で覚えるLinuxの基本
X Window System(その1)

◇基礎講座
△知的冒険に乗り出そう 進め! カーネル探検隊(第2回)
プロセス(概要と実装)

△パケットは語る TCP/IPネットワーク超入門(最終回)
IPアドレスの割り当てとDHCPの仕組み

△ゼロからはじめるLinuxセキュリティ(第10回)
バッファ・オーバーフロー攻撃

△OpenOffice.orgのマクロにチャレンジ(第10回)
JavaScriptでマクロを作成する

△まつもと直伝 プログラミングのオキテ(第10回)
デザイン・パターン(3)

◇応用講座
△自分Linuxを作り出せ(第10回)
Webサーバーを稼働させる

【付録CD-ROM(2枚組)】
Linuxディストリビューション「KNOPPIX4.0.2日本語版CD」,
Linuxディストリビューション「Gentoo Linux 2005.1-r1」,
Linux上でWindowsソフトを動かすためのソフト「Wine」,
Webブラウザ「Firefox 1.5 日本語版」,など

        ■■■■■ 日経BP社からのお知らせ ■■■■■
---------------------------------------------------------------------------
★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
---------------------------------------------------------------------------
◆本文は小社のホームページでご覧ください
http://itpro.nikkeibp.co.jp/

◆メール登録内容の変更は
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/it-pro/itprotec/index.html
なお,変更・追加・中止の際には,ユーザーIDと暗証番号が必要です。
◆メール配信のユーザーID,暗証番号のお問い合わせは
https://passport.nikkeibp.co.jp/bizpwd/search_pass/
◆その他不明な点やお問い合わせは下記からお問い合わせください。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/ask_pass/
◆編集面に関するご意見やお問い合わせは
iteditor@nikkeibp.co.jp
◆新製品ニュースリリースなどの情報をお送りいただく場合は
iteditor@nikkeibp.co.jp
◆メールおよびホームページへの広告掲載をご希望の方は下記へご連絡ください。
it-ad@nikkeibp.co.jp
---------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2006,日経BP社 掲載記事の無断転載を禁じます。
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3