--☆PR☆--------------------------------------------------------------------
\\\\\\  SQLServer2005を【無料】で学べるチャンス到来  //////
\           Visual Studio2005同時開催中!          /
オラクルユーザのための目からうろこのSQL Server2005の活用法がここにあります。
学べる 身につく 使える                  Powerd by iStudy
お申込は今すぐ ⇒ http://www.istudy.ne.jp/news/ms/vs_ss2005.htm
----------------------------------------------------------------------------
あなたの仕事を構造改革する3DAYS 《開催間近!事前登録は今すぐ》
ITソリューションセミナー in NET&COM 2006
■安心・安全を実現する災害対策■基幹業務システム構築におけるOSS活用事例
■金融業界にみる最新ネットワーク技術と店舗トータルソリューション ほか多数
詳細・事前登録はこちら http://expo.nikkeibp.co.jp/netcom/forum/index5.shtml
----------------------------------------------------------------------------
■■■■ SOAとオープンアーキテクチャで変化に強いシステムを実現 ■■■■
■ 計画から導入までを支援するトータルソリューション ■
■ 「SAXICE」 ■
■ http://www.opst.co.jp/02_00.html ■
■■■■■■■■■ 株式会社オープンストリーム ■■■■■■■■■
--------------------------------------------------------------------☆PR☆--
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■                              Vol.0003
□■□       ★☆  ITproTech メール  ☆★
■□■                           2006年01月26日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ 目次 ---------------------------------------------------------------
▼担当者から
▼今週の見どころ
▼今週の腕試し
▼トピックス
▼各誌の最新目次から 【日経システム構築 2月号】
▼各誌の最新目次から 【日経ITプロフェッショナル 2月号】
---------------------------------------------------------------------------
■ 担当者から
 今週も前回に引き続き,私のPC歴をご紹介します。
 NECのPC-9801を購入したのは1985年のことです。それまでPC-9801VM2という機種が
ロング・セラーを続け,数年間新機種が出ていませんでした。そろそろ新しい機種が
出るだろうと待ちに待って,登場したのが8MHz動作の80286を搭載したPC-9801VX2で
した。これに飛びついたわけです。するとすぐに,10MHz版のPC-9801VX21が発売さ
れ,悔しい思いをしたものでした。
 PC-9801向けには,当時様々なコンパイラが出ていました。Cインタープリタの
「RUN C」というものもありました。その中で,確か9800円と安かった「Power C」を
購入し,C言語を始めました。その後,マイクロソフトウエア・アソシエイツ(MSA)
がTurbo C 2.0のアカデミック版を1万2000円という低価格で発売したのでこれを購入
しました。1989年か1990年ころだと思います。MSAはパソコン通信「MSAネット」を運
営していましたので,ここでC言語についていろいろと質問し,教えていただきまし
た。このときに教えていただいた,いわば師匠に当たる人には今でも仕事の上でお世
話になっています。
 長くなってしまいましたので,この続きはWebサイトでご紹介したいと思います。
続きはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp//article/NEWS/20060124/227770/

 これからもITproTechメールをよろしくお願いします。
                      ITproTechメール担当 山口 哲弘

          ■■■■■ 今週の見どころ ■■■■■
●Visual Studio 2005 注目の新機能(第5回=最終回)
「Iterators(イテレータ)」
 今回はVisual Studio 2005(C# 2.0)で新たに強化された言語仕様の1つである
Iterators(イテレータ)について説明しよう。前回説明したGenerics(ジェネリク
ス)と同様に,Javaには既に実装されている機能だ。
続きはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Windows/20060117/227371/

●Java技術最前線
「一目でわかるProject Looking Glass その2」第3回
 Cosmo Scheduler DなどのLG3Dのアプリケーションを見ていると,いろいろとアプ
リケーションのアイデアが湧いてきませんか。LG3Dを触っていると本当にいろいろな
アイデアが湧いてきます。筆者は講演などでLG3Dに関して話をすることが何度かあり
ました。そうした後には,決まって様々な方から「こんなことはできないか」とか
「こんなことができるのではないか」とアイデアをうかがいます。
続きはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20051107/224071/

●ルートキットの正体を暴く(後編)
悪意あるソフトをシステム深部に隠す巧妙な仕組み
 ソニーBMGの音楽CDに含まれていたRootkit(ルートキット)を発見した技術者によ
るRootkit解説記事の後編。カーネル・モードで動作する Rootkitの仕組みや,
Rootkitの防御法,Rootkitが仕掛けられた場合にそれを削除する方法などについて説
明する。
続きはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Windows/20060117/227370/

●Excel/VBAクリニック,今月の診断(2)
自作関数にヘルプを設定する処方
詳しくはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060123/227740/

●【MySQLウォッチ】第23回
押さえておきたいバックアップとリストアのポイント
詳しくはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060122/227654/

●Windowsの次期開発コード名は「Vienna」,「Blackcomb」は放棄
詳しくはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060124/227813/

●Windows Vistaの中核「WinFX Runtime Components」が公開
詳しくはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/USNEWS/20060119/227521/

●Exchange次期版の詳細が明らかに,ウイルス対策やアーカイブ機能を強化
詳しくはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060112/227152/

●米Microsoft,「Windows XP SP3は2007年下期出荷」との見通しを明らかに
詳しくはこちら...
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060119/227577/?ST=security

--☆PR☆--------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃★2月2日開催 IT Management &Technology Seminar in NET&COM 2006 ★ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★情報漏えい対策や次世代ネットワークなど,注目のITソリューションを
★日経コンピュータ、日経コミュニケーションなど日経BP社のIT専門誌記者が解説
★会場:東京ビッグサイト会議棟 ★会期:2月2日(木)
★A会場定員250名「内部情報漏えい」「自己防衛型ネットワーク」
★B会場定員100名「WAN高速化」「検疫ネットワーク」
「“監査”に役立つログ管理システム」「次世代ネットワーク」
★受講料無料・事前登録制 ≫≫≫ http://ac.nikkeibp.co.jp/cn/nc2006/
--------------------------------------------------------------------☆PR☆--
           ■■■■■ 今週の腕試し ■■■■■
●メール・アドレスの正当性を調べるときに好ましくないものはどれか?

 Webアプリケーションに入力されたメール・アドレスが存在するかどうかを調べ
たいときの処理として,好ましくないものはどれでしょうか?

 (1)正規表現を使って書式を調べる
 (2)DNSのAレコードとMXレコードを調べる
 (3)メール・アドレスに実際にメールを送信してみる

●以下で解答を送信いただくと,すぐに正解と詳しい解説をご覧いただけます。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060119/227540/

           ■■■■■ トピックス ■■■■■
  ★日経システム構築主催「演習付き!心をつかむ提案書の作成術」セミナー★
============================================================================
今,ユーザー企業はRFP(提案依頼書)を発行し,複数ベンダーによるコンペの機会
を増やしています。ベンダーとしては,競合に打ち勝つ提案書を短い時間により多く
作らなくてはなりません。本セミナーでは,ユーザーの心をつかむ提案書の作り方を
演習形式で学びます。ぜひ奮ってご参加ください。※筆記具を必ずご持参ください。

 2006年2月3日(金) 13:00~16:30 ※開場12:30  @東京ビッグサイト(東京・有明)

[Part1] ユーザーの心を動かす 講師:ビーコンIT 木村 哲氏
[Part2] ユーザーに意図を正しく伝える 講師:イントリーグ 永井 昭弘氏

▽ご案内・お申込みは→ http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/nos/semi/0602/
============================================================================

         ■■■■■ 各誌の最新目次から ■■■■■
◆現場のSEを徹底サポートする
 『日経システム構築』2月号(1月26日発行)をご紹介します!

◇特集1
フレームワークを練り直す
 ――制約と自由の両面から鍛える

 フレームワークを練り直す時期がやってきた。
 デファクトのStrutsや,商用フレームワークの導入が一巡。
 「制約」を増やし,機能不足を補うノウハウがたまってきた。
 DIコンテナの導入で「自由度」を高めるユーザーも増えている。

◇特集2
成功するプロジェクト推進術
 ――三つの“コミュニケーション技術”を活かそう

 プロジェクトの推進には的確なコミュニケーションが欠かせず,
 それこそが成功の鍵を握るといっても過言ではない。
 プロジェクトの各場面で,現場のベテランが採用する
 コミュニケーションのテクニックを探ってみた。

◇事例研究
[問題解決の軌跡]
 引き継いだサーバーに悪戦苦闘,OSそろえてパッチ適用を楽に
 ――室蘭市情報教育センター

 WTSとブレードPCを使い分け,顧客データの流出を未然防止
 ――スルガ銀行

[Web/ネットワークの最適解]
 シン・クライアントで漏洩対策,トラフィック低減などに苦心
 ――ビットワレット

[アプリケーション開発のノウハウ]
 同一システムの追加で,急増する処理量に即応
 ――イー・トレード証券

◇現場の選択 <事例に見る,製品/技術の選び方>
 「クライアントPC向け情報漏洩対策ソフト」
 利用者に不便をかけないことと,ログを予防に生かせるかに着目

◇検証
 「EclipseのTPTP(品質管理ツールのフレームワーク)」
 JUnitに基づくテストを支援,自動生成コードには物足りなさも

◇短期集中講座3本スタート!

 △大好評セミナー誌上再現
 ベンダーから質の高い提案を引き出す
 【前編】ダメな提案書はユーザーにも責任,良いRFPだけでは十分でない

 △Web開発の新手法「Ajax」
 【前編】Webアプリ操作の束縛を解くが,ブラウザを限定する必要あり

 △オープンソースDBの落とし穴
 【前編】最新状態にまで復旧できるが,ファイルを紛失すればそこまで

◇レポート

 △「SPF」の導入進むスパム・メール対策

 △VS新版はメンバー全員が利用するツールに

 △2月1日からNET&COM2006が開催
  ICタグから災害対策サービスまで一挙展示

----------------------------------------------------------------------------
◆日経ITプロフェッショナル2月号(2月1日発行)の内容をお知らせします。
詳細は,http://itpro.nikkeibp.co.jp/NIP/page1.shtml

◇編集部から
実力を持ったメンバーが集まったのに,プロジェクトの成果が思ったように上がら
ない。システム開発プロジェクトでは,そんなケースが散見されます。そこでぜひ
参考にしていただきたいのが,「チーム力向上」をテーマとした今号の特集1です。
目標共有やチーム内コミュニケーション,適材配置など,チーム力を引き出すため
の必須知識と実践的なノウハウを解説しました。特集2では「データベースのセキュ
リティ設計」を取り上げました。個人情報保護については,クライアントやアプリ
ケーション・サーバーの対策に目が行きがちですが,肝心なのはデータを格納して
いるデータベースの対策です。そこでこの特集2で,データベースのセキュリティ
設計の勘どころを学んでください。

◇特集1
一体感を高めて目標に突き進む
最強チームの作り方

一人ひとりのメンバーが高い実力を秘めていても,チームとしての成果に結びつかな
いことがある。チーム力を引き出せるかどうかは,チーム・リーダー(プロマネ)の
腕次第。チームを率いなければならないすべてのITエンジニアに向けて,チーム力向
上のための必須知識とノウハウを解説する。

◇特集2
社内外の脅威からデータを守る
データベースのセキュリティ設計

情報システム上の個人情報が狙われている。クライアントやアプリケーション・サー
バーの対策ばかりに目が行って,肝心のデータを格納しているデータベースの対策を
忘れてはいないだろうか。本特集ではデータベースのセキュリティ設計の勘どころを
徹底解説する。

◇コラム
△トラブルシューター岩脇一喜の「SE事件簿」
プロジェクトを成功させるには メンバー同士の相互干渉が不可欠

△有賀貞一のIT斜め斬り
サービスを急拡大する米ネット大手 “EPIC”の実現は近い?

△ココロとカラダの相談室
「突発性難聴」の影にストレスあり

△こんなITエンジニアはいらない
出過ぎたプレゼンで取引再開の芽を摘む

△ブックレビュー
強いチームを作るための7冊

△リラクゼーションのススメ
プラネタリウムで空を見上げる

◇技術SKILL UP
△アセンブラで学ぶコンピュータ基礎のキソ
命令を組み合わせて 条件分岐と繰り返しを実現

△本当に使える見積もり技術
作業の構造化と担当の明確化 この徹底がWBS成功の分かれ道

△業務システム分析のためのUMLモデリング演習
入出力データの構造を可視化

◇ビジネスSKILL UP
△元気が出る魔法のヒューマン・スキル
主観を交えず スタイルを客観視する

△SEのための提案力強化講座
ユーザー企業も納得 訴求力のある提案書を作る

△プロマネ失敗学
パッケージ導入やシステム接続など危機要因が増大

△田中淳子のビジネスマナー実践塾
尊敬語,謙譲語を適切に使う

◇ビジネス知識
△役に立って面白い会計講座 管理会計編
測定できる定量的な指標で 現場の行動促し成果を検証

△プロが教える業種・業務知識 デジタル家電編
バリエーションをBOMで管理 設計-製造連携で効率化を究める

△ITエンジニアの法律相談
早期退職制度の適用拒否は合法か

◇キャリアアップ
△奥井規晶の悩むなら聞け
「仕事を断れず体を壊しそう」など

△IT不合格体験記 システム監査技術者試験
身勝手な論文では通じない 知識,経験と「的確な演技」で雪辱

△私の転機
「パッケージソフトを開発したい」
独力で設計し,会社を動かす
梅田弘之 システムインテグレータ 代表取締役

        ■■■■■ 日経BP社からのお知らせ ■■■■■
---------------------------------------------------------------------------
★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
---------------------------------------------------------------------------
◆本文は小社のホームページでご覧ください
http://itpro.nikkeibp.co.jp/

◆メール登録内容の変更は
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/it-pro/itprotec/index.html
なお,変更・追加・中止の際には,ユーザーIDと暗証番号が必要です。
◆メール配信のユーザーID,暗証番号のお問い合わせは
https://passport.nikkeibp.co.jp/bizpwd/search_pass/
◆その他不明な点やお問い合わせは下記からお問い合わせください。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/ask_pass/
◆編集面に関するご意見やお問い合わせは
replytec@nikkeibp.co.jp
◆新製品ニュースリリースなどの情報をお送りいただく場合は
iteditor@nikkeibp.co.jp
◆メールおよびホームページへの広告掲載をご希望の方は下記へご連絡ください。
it-ad@nikkeibp.co.jp
---------------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2006,日経BP社 掲載記事の無断転載を禁じます。
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3