非接触IC「モバイル FeliCa ICチップ」を内蔵した携帯電話は,NTTドコモが2004年7月に“おサイフケータイ”の愛称で発売。半年後の2004年12月に100万台,2005年2月に200万台を突破し,2005年6月初めに374万台,サービス開始からほぼ1年の7月22日には500万契約を超えた。その後も9月末に650万,11月には700万と,増え続けている。この普及ペースは,同社が1999年2月に先陣を切ってサービスを始め,もはや携帯電話では“当たり前”になったインターネット接続サービス「iモード」と肩を並べる。

写真 Edyのリーダー/ライターを内蔵したPOSレジスタ

 おサイフケータイで利用できる「iモード FeliCa サービス」は,財布に入っている現金,クレジットカード,定期券,各種チケットや会員証/ポイントカードなどを電子化して取り込み,携帯電話を財布代わりに使えるようにするもの。NTTドコモは2005年5月に発表した「FOMA 901 iSシリーズ」(5機種)で,初めてシリーズ全機種にFeliCaを内蔵。今後のFOMA 90Xiシリーズはすべて“おサイフケータイ”にして,2005年度中に累計1000万台の出荷を見込んでいる。

  FeliCaケータイを提供するのは,これまでNTTドコモだけだったが,KDDI(au)は9月に2機種を発売。ボーダフォンも11月に1機種を投入し,2006年1月以降に2機種めを発売する。3社が手を握り,NTTドコモの登録商標である“おサイフケータイ”の名称をそのまま使うことで合意。大手3社から対応端末が出そろったことで,普及ペースに拍車がかかるのは間違いない。2006年以降,KDDIは上位モデル「CDMA 1X WIN」に標準装備し,ボーダフォンも標準装備により早期に100万台の出荷を目指す。モバイルFeliCa ICチップをライセンスするフェリカネットワークスは,携帯電話総数の7~8割,6000万台を中期的な普及目標に掲げている。

 対応端末の普及とともに,FeliCaケータイに対応したサービスも,多様な業種に広がっている。電子マネーによる小額決済やポイント制会員サービスは,コンビニエンスストアや家電量販店,飲料自動販売機,レンタルビデオ店,飲食店,スーパー,ドラッグストア,ゲームセンター,カラオケ店,ショッピング・モールなどで拡大中。ケータイ・サイトでのクレジットカード決済や,航空券として使えるサービスも始まった。

  中でも,ビットワレットが発行する電子マネー「Edy」は,NTTドコモ,KDDI,ボーダフォンの3社が対応アプリをFeliCaケータイに標準装備。決済に使える店舗は2005年11月時点で約2万5000店に達しており,2005年4月のEdy月間利用件数930万件のうち,おサイフケータイでの利用は69万件(7.4%)を占めるまでになっている。iモードを介して銀行口座から直接Edyを携帯電話にチャージ(入金)するサービスも,イーバンク銀行,三井住友銀行,東京三菱銀行が開始。携帯電話はまさに“ATM(現金自動預け払い機)と直結した財布”に変ぼうしつつある。

 加えて2006年1月28日には,発行枚数が1400万枚を超えているJR東日本の定期券/電子マネー「Suica」が,携帯電話に内蔵可能な「モバイルSuica」へと進化する。NTTドコモとKDDIが対応を表明済みで,ボーダフォンも対応する見込みである。

  こうしたモバイルFeliCa対応サービスを提供する企業の狙いは,店頭での決済業務の簡素化だけではない。現金では分からない“個客”の購買行動をつかむことで,来店促進や客単価の向上,新商品の開発など,CRM(customer relationship management)やマーケティングのツールとして活用している。NTTドコモ自身も,三井住友フィナンシャルグループと業務・資本提携。モバイルFeliCa対応のクレジット加盟店用決済端末やATM端末の展開を推進すると同時に,2006年度上期に自らクレジットカード決済サービスに乗り出す。   

 また,消費者向けビジネス分野とは別に,企業が社員証や入館証としてモバイルFeliCaを採用する動きもある。入退室管理や勤怠管理のほか,社員食堂や自動販売機での支払い,会議室や福利厚生施設の予約など,幅広い応用が始まろうとしている。従来のプラスチック・カードと異なり,オンラインで素早く発行・停止が可能なうえ,物理的な発行コストもかからないのが利点だ。

 『ケータイ on Business』は,FeliCaケータイに関して,以下の記事で,企業にとってのインパクト,サービスの技術や動向,ビジネスでの活用ノウハウを解説している。


技術・動向解説
携帯電話に入る非接触ICカード,仕組みと応用法を探る
「iモードFeliCa」が7月スタート,会員証や電子マネーで39社参入
ケータイのビジネス活用を広げる「iモード FeliCa サービス」
おサイフケータイのクレジット決済,3社が提供,課題は設備共用化

イベント/展示会リポート
WPC EXPO 2005
 ウィルコムの新端末に視線集中,FeliCa応用ソリューションも充実
ワイヤレスジャパン2005
 【前編】EZ FeliCaやW-SIMがお披露目,新規参入目指す事業者も競演
 【後編】企業向けソリューションが目白押し,ビジネスFOMAやFeliCaが活躍
Interop Tokyo 2005
 携帯向け業務ソリューション充実,ノートPCのデータ保護に新手法
ビジネスシヨウ TOKYO 2004レポート 
 非接触ICカードと携帯電話を融合,ドコモとボーダフォンが“実演”

キーマン・インタビュー






ボーダフォン コマースサービス部長 木下直樹氏
  おサイフケータイ最後発に利あり,独自機能を強化,世界展開も視野
KDDI FeliCa開発グループリーダー 小柳 琢磨 氏
  EZ FeliCaサービスを9月開始,後発だからこそ使い勝手で勝負
NTTドコモ マルチメディアサービス部長 夏野剛 氏
  おサイフケータイに来店促進効果,
  導入企業へ100億円超を資金提供

フェリカネットワークス 社長 河内聡一 氏
  目標はFeliCaケータイ6000万台,
  「三者間通信」で集客手法は一変

ビットワレット 執行役員 宮沢和正 氏
  ケータイは個人のATMになった,2年半で「Edy」を3000万枚に
JR東日本 鉄道事業本部Suica部 次長 山田肇 氏
  Suicaはモバイルで進化する,センター設備の開発がカギ

ケース・スタディ
JCB
  おサイフケータイにも後払い決済,カードが弱い少額利用を取り込む
サイバード
  FeliCaケータイのCRMコスト削減,ポイント・サービスをASPで提供
全日本空輸(ANA)
  ケータイだけで予約から搭乗まで,狙いは混雑緩和と顧客接点維持
am/pmジャパン
  レジの効率化に購買データ収集,ケータイでEdy効果の拡大目指す
ソニーファイナンスインターナショナル
  ケータイだけで注文・決済が完了,新しいクレジット利用機会を創出
日本コカ・コーラ
  飲料自販機の決済時間を短縮,便利さと娯楽性で固定客を増やす
ビックカメラ
  ポイントカードをケータイに収納,探す手間をなくし使いやすく

FeliCaケータイのビジネス活用術を分かりやすく解説 『モバイルFeliCaはビジネスになる!』(日経BP社刊,A5判)