PR

 携帯電話/PHSを業務に使えば,携帯電話/PHSサービス事業者などに支払う通話料やパケット通信料などの利用料金が発生する。

 一般に携帯電話/PHSサービスの利用料金は,一定額の月額基本料と,従量制の通信料金とで構成される。従量制の通信料金は,通話なら時間,パケット通信ならやり取りしたパケット量(データ量)に応じて課金される仕組みだ。ただし,毎月一定額を支払えば通話やパケット通信が使い放題になる「定額制」のメニューが2004年以降,急速に充実してきている。この結果,通話時間やデータ通信量が多い場合は適切な定額料金メニューを選ぶことで,通信コストを抑えられるようになった。

写真 定額制プラン

 通話料金の定額制は,通話相手を限定するのが一般的。ボーダフォンとウィルコムが提供中だ。一方,パケット通信の定額制は,NTTドコモ,KDDI,ボーダフォン,ウィルコムが提供している。ただし,(1)通話用端末でiモードなどを利用する場合,(2)通話用端末でフル・ブラウザを使う場合,(3)PCカード型端末をパソコンなどに挿して使う場合——では,料金体系が異なることがあるので注意が必要である。端末を海外に持ち出して使うと,現状では通話もデータ通信も定額制の対象外である。

 企業などの法人利用では,契約回線数に応じて月額基本料金を割り引くサービスや,業務と私用の通話を区別して請求書を分けるなどの「公私分計」サービスも,利用上のポイントになる。法人向け割引は,契約回線数が多いと月額基本料金が最大で2~3割引になるし,契約回線数が2回線から適用されるので見逃すのはもったいない。公私分計サービスは,会社貸与の端末を私用にも使わせたり,逆に社員の個人所有の端末を業務にも転用する際に役に立つ。携帯電話/PHSサービス事業者のほかにもサービスを提供する企業がある。

 このほか,携帯電話/PHSサービス事業者のネットワーク設備を借り受けてMVNO(仮想移動通信事業者)方式でサービスを提供する企業もある。京セラ コミュニケーションシステム,日本通信,富士通などが,データ通信向けの割安なサービスを提供中だ。また2005年からは,無線LAN上のVoIP(voice over IP)通話に対応した端末/サービスが登場してきた。公衆無線LANサービスとインターネットを介して,定額またはそれに近い料金体系で通話を実現する。携帯電話/PHSサービス事業者もネットワーク設備のIP化を進めており,実サービスの第一弾として割安な通話サービス「プッシュ・ツー・トーク」を始めている。

 『ケータイ on Business』は以下の記事で,携帯電話/PHSサービス事業者各社の通話・データ通信の料金について,横断的に詳しく解説している。


音声通話・割引
ケータイの法人向け料金割引,契約回線数や月間利用額で適用
企業向けの通話料定額サービス,ケータイからの社内連絡が“無料”
会社/個人でケータイ料金を案分,「公私分計サービス」の使い方
「ビジネスでのモバイル活用実態・意向調査」
 6割が仕事にも個人の携帯電話,料金の“公私分計”は1割未満

ウィルコムのソリューション
「ナノセル」と「音声定額」を併用,社内も日本中も“広域内線”に
 PBX不要の「ナノセルシステム」,オフィスの電話をコードレス化
ケータイ初の定額通話プラン,企業では内線電話の代用にも
NTTコミュニケーションズのソリューション
 携帯電話内の情報を守る新手法,公私分計とワンナンバーも実現

●モバイル・セントレックス(携帯電話/PHSの内線利用)についてはこちら

パケット通信
携帯電話3社から出そろった定額プランのビジネス利用法
ケータイでPC向けサイトを見る
 【前編】フル・ブラウザ標準搭載機が続々,機能やパケット定額の対応に違い
 【後編】相次ぐアプリ版フル・ブラウザ,標準ブラウザ向けサービスも登場

PC向けデータ通信
“準定額”化が進む携帯電話,PHSは定額プランが多様化
データ通信カードの料金を知る
 【携帯電話編】PC/PDA用カードには定額制なし,大量パケット通信で事業者間に差
 【PHS編】定額で使えるPHSデータ通信,データ圧縮により体感速度向上
ウィルコムのソリューション
 体感メガビットのAIR-EDGE[PRO],完全定額制のほか準定額も用意
KDDIのソリューション
 モバイル最速の2.4メガ通信,CDMA 1X WINデータ通信カード
日本通信のソリューション
3Gケータイ初のPC向け定額制,企業を対象に月1万円強で提供

海外利用(国際ローミング)

ケータイを海外で使いこなすには

 【概要編】国内と同じ端末/電話番号でOK,主要3社がサービス・端末を提供
 【通話編】事業者で大きく違う通話エリア,着信料金の渡航者負担に要注意
【データ通信編】メールもWebも海外で利用可能に,サービス/エリア/料金には開き
ワイヤレスジャパン2005リポート【前編】
EZ FeliCaやW-SIMがお披露目,新規参入目指す事業者も競演
NTTドコモのソリューション
海外出張で威力発揮「N900iG」,通話に加えiモードも使える

VoIP通話
「プッシュ・ツー・トーク」年内開始,NTTドコモとKDDIが新端末向けに
富士通のソリューション
端末1台で通話も業務も完結,保守/営業をトータルに支援
ナムザック・ジャパンのソリューション
携帯IP電話サービスを12月開始,文字チャットや画面共有も準備中
ライブドアのソリューション
月額525円でエリアは“面”展開,電柱・PHS設備・自販機を活用