PR

Q:会社でADSLを導入したのですが,速く感じられません。スピードアップのコツはあれば,教えてください。


A:まずは,パソコンと通信機器の状態を見直し,ADSLに適した環境になってるかチェックしましょう。



 まずチェックしたいのは,使っているパソコンの性能です。パソコンの処理能力が高ければ,Webブラウザーやメールソフトも快適に動作します。逆に,せっかく40MbpsのADSLを導入しても,古いマシンでは体感速度が遅くなってしまいます。今,使っているパソコンの性能を見直してみてください。

 パソコン買い替えの余裕がないときは,メモリーを増設してください。それだけでもスピードアップを感じられるでしょう。また,パソコンが古い場合,LANボード(アダプター)は10Mbps対応の10BASE-T規格がほとんど。これでは,実質4Mbps~6Mbpsの速さでしか通信できません。LANボードも100Mbps対応の100BASE-TXに交換するとよいでしょう。

 さらに,ブロードバンドルーターもより速い通信に対応するものほど,速度を落とさずに済みます。

 そのほかADSL用の高速ツールもあります。例えば,「驚速ADSL」は,ブロードバンド環境に合わせてOSの設定を最適化します。特に,OSのバージョンが古いほど効果が大きいようです。

悪影響を与えるノイズを取り除く

 次に行いたいのが,ADSLに悪影響を与える電磁波ノイズを取り除くことです。これには3つのポイントがあります。

 ひとつはモジュラージャックとADSLモデム間の電話線をできるだけ短くすること。2番目は,電話線やLANケーブルに電磁波をカットするシールドが施されたケーブルを使用することです。また,ノイズフィルターなどを試してもよいでしょう。

 そして,3番目がADSLモデムの近くに電磁波を出すOA機器(パソコンも含む)を置かないこと。

 ノイズの除去だけでは大きな効果は期待できませんが,一度配線をチェックしてみるとよいでしょう。