PR

Q:最近,政府や地方自治体,企業などでのシステム構築に,Linuxが採用されたという話をしばしば耳にします。Linuxは,オープンソースと呼ばれるソフトウエアだそうですが,これは一体どういうもので,企業のシステム構築にどのような影響を与えるものでしょうか。


A:オープンソースとは「ソースコードが公開されたソフトウエア」のことで,「システム導入費を抑えることができる」「自社の用件に応じたカスタマイズを容易に行なうことができる」などのメリットがあります。



 オープンソースは,“ソフトウエアの設計図”とも言えるソースコードが公開され,技術や情報を共有しながら,複数のプログラマーが開発を進めるソフトウエアを指します。入手したソースコードを元にソフトウエアを改造することや,改造したソフトウエアを再配布することなどが認められており,ユーザー企業は原則的に無償で利用することができます。

 代表的なオープンソースには,主にサーバー用に使われているOSの「Linux」があります。Linuxは,無償であるにもかかわらず有償のOSと同等の機能を備えており,企業情報システム分野で急速に普及しました。現在,オープンソースが注目されているのも,このLinuxの普及によるところが大きいと言えます。

 また,Linux以外のオープンソースとしては,Webサーバー「Apache」,メールサーバー「sendmail」,データベース管理ソフト「MySQL」,「PostgreSQL」といったものがあります。


企業のシステム構築にオープンソースを利用するメリット


 オープンソースを企業のシステム構築で利用するメリットには,先ず導入コストの低さが挙げられます。商用ソフトウエアでは,利用者の人数などに応じた料金をライセンス料という形で支払いますが,原則的に無償のオープンソースではライセンス料は発生しないため,導入時のコストを抑えることができます。

 例えば,カタログ通販やインターネット通販を営むA社は,オンラインショップシステムのOSやWebサーバー,データベースなどにオープンソースを採用し,開発コストを従来の約3分の1にまで削減したといいます。

 またソースコードが公開されているため,目的に応じたカスタマイズを容易に行うことができるというメリットもあります。都内のBホテルでは,全ての客室で好きな時に好きな映画を見られる映像配信システムを,Linuxで構築しました。既存の映像配信パッケージ製品では満足できるものが無かったところ,Linuxをカスタマイズすることで,要求を満たすシステムを実現できたとのことです。

 ただし,ソースコードが無料であっても,それを利用して作られたアプリケーションやサポートの費用は有償となります。これを含めてトータルでメリットを考える必要があるでしょう。