PR
 概要  
コネクション情報の表示,プロトコル統計情報の表示,イーサネット統計情報の表示,ルーティング情報の表示などを実行する多機能なコマンドである。

 構文  
netstat [-a] [-b] [-e] [-n] [-o] [-p プロトコル] [-r] [-s] [-v] [インターバル]

 利用環境  
Windows 95 □
Windows 98 □
Windows Me □
Windows NT 4.0 □
Windows 2000 ○
Windows XP ○
Windows Server 2003 ○
「□」は同じコマンド名でオプションなどが異なっているOS

 オプション 
(なし)接続中(ESTABLISHED)のTCPコネクション情報を表示する。
-aすべてのコネクション情報を表示する。-r/-s/-eオプションのいずれかと一緒に指定すると,-aオプションは無視される。
-nオプションなし,または-aオプションと併用して,コネクション情報を表示する際にIPアドレス,ポート番号の名前解決をしない。
-oオプションなし,または-aオプションと併用して,コネクション情報を表示する際に,各コネクションを所有するプロセスIDを表示する。Windows XPとWindows Server 2003のみで利用可能。
-bオプションなし,または-aオプションと併用して,コネクション情報を表示する際に,各コネクションを所有するプロセスIDと,そのプロセスIDを実行しているファイル名を表示する。Windows XPのSP1以降およびWindows Server 2003のSP1以降のみで利用可能。
-v-bオプションと同時に使用して,各コネクションを使用しているコンポーネント(DLLなど)の情報を併せて表示する。Windows XPのSP1以降およびWindows Server 2003のSP1以降のみで利用可能。
-rルーティング・テーブルを表示する。
-sプロトコルの統計情報を表示する。
-p プロトコルオプションなし,-aオプション,-sオプションと併用して,対象とするプロトコルを指定する。オプションなし,-aオプションと併用した場合は,TCP/UDPのいずれかを指定することが可能(Windows XP/Windows Server 2003の場合は加えてTCPv6/UDPv6を指定可能)。-sオプションと併用した場合は,TCP/UDP/IP/ICMPのいずれかを指定することが可能(Windows XP/Windows Server 2003の場合は加えてTCPv6/UDPv6を指定できる。TCP/TCPv6オプションを指定すると,接続中(ESTABLISHED)のTCPコネクションも表示する)。指定に当たって,大文字小文字の区別はない。
-eイーサネットの統計情報を表示する。
インターバル再度実行して情報を再表示する時間を秒単位で指定する。時間を指定すると,CTRL+Cを押して停止させるまで,再表示をし続ける。このオプションを指定しなかった場合,その時点の情報を一度だけ表示表示してコマンドは終了する。

 使用例1:すべてのコネクション情報を,所有しているプロセスのプログラム名やコンポーネント名の一覧と一緒に表示する (クリックで詳細表示)  
netstat -anbv
または
netstat -a -n -b -v

 使用例2:ルーティング情報を表示する(クリックで詳細表示)  
netstat -r

 使用例3:IPプロトコル/イーサネットの統計情報を表示する(クリックで詳細表示)  
netstat -e
および
netstat -s