PR

 こんにちは,ゼッタテクノロジーの古田です。前回は,SkypeAPIを利用するプログラムを作る際に,面倒なWindowsメッセージの処理を一手に引き受けてくれる「ActiveS」という便利なCOMコンポーネントを紹介しました。今回も引き続きこのActiveSを使ってプログラムを作っていきます。

 第3回となる今回は,以下の四つの視点でお話ししたいと思います。

(1)Skypeのセキュリティについて
2月に主催したSkype Security Seminarから

(2)アプリケーションの設計
プレゼンスを変更するプログラムを作る

(3)コーディング作業
ActiveS経由でプレゼンスを取得・変更させる

(4)SkypeWebを使ってみる
Webページ経由でプレゼンスを表示させる

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い