PR
図 ENUMを使うと電話番号で個人個人のアドレス情報をまとめて検索できるようになる(イラスト:なかがわ みさこ)
図 ENUMを使うと電話番号で個人個人のアドレス情報をまとめて検索できるようになる(イラスト:なかがわ みさこ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ENUM(telephone number mapping)は「電話番号からインターネットで使うアドレス情報を検索するしくみ」のこと。ドメイン名でコンピュータのIPアドレスを検索するDNSを活用し,電話番号を使って多くの情報を検索できるように巨大なアドレス帳といえるものである。例えば,ENUMではメール・アドレスやURLといった情報も電話番号にひも付けられる(図)。このため,ENUMが実現すれば,現時点ではお互いに関連付けられた形で管理されていないこれらの情報を,電話番号を利用して相互に検索できるようになる。

 ENUMでは,電話番号からアドレス情報を検索するのにインターネットの標準技術であるDNSを利用する。DNSでは「www.nikkeibp.co.jp」のようなドメイン名からコンピュータのIPアドレスを検索するが,ENUMでは「www.nikkeibp.co.jp」のような文字列の代わりに電話番号を使う。電話番号はE.164という国際規格に基づいて国際的に一意に割り振られているため,国際的な識別子にふさわしい。また,数字だけなのでパソコン以外の機器からでも簡単に入力できるというメリットもある。

 ENUMのしくみを利用手順に沿って見てみよう。例えば,電話番号「03-1234-5678」の情報を検索するとする場合は,国際電話と同じように頭に国番号を付けて「81-3-1234-5678」と入力する。すると,ENUMに対応したアプリケーションは,この電話番号をドメイン名の形式に変換する。具体的には,番号から数字を取り出し並び順を逆にして「.」で区切り,末尾にENUM専用のドメインを示す「e164.arpa」を付ける。こうして「8.7.6.5.4.3.2.1.3.1.8.e164.arpa」というドメイン名ができるので,このドメイン名で各種のアドレス情報をDNSに問い合わせることになる。

 番号の並び順を逆にするのは,電話番号をドメイン名のルールに合わせるため。ドメイン名は後ろの文字列ほど上位の階層を表すが,電話番号では「81-3-1234-5678」が日本(81)の東京(3)の1234局の5678番を示すように逆に前の方が上位の階層となる。この順番を合わせるために,ENUMでは番号を区切って並べ替える。

 ENUMを実現するには,DNSの枠組みの中でENUMのサーバーを設置し,各種のアドレス情報を登録して階層的に管理する必要がある。すでに,2006年3月から日本で国際的なトライアルが正式に始まり,今後はほかの国との相互接続など国際的な規模での実験が予定されている。

 

次のうちENUMの説明として誤っているものはどれでしょう?