PR
図 Windows XP Professional SP2で「arp -a」を実行した例
図 Windows XP Professional SP2で「arp -a」を実行した例
[画像のクリックで拡大表示]

arp -a

 パソコンで管理しているARPキャッシュの内容を知りたい場合は-aオプションを付加してarpコマンドを実行します。-aオプションのみを指定した場合は,ARPキャッシュの内容すべてを表示します。

 表示された結果の中で「Type」欄が「dynamic」となっているエントリは,ARP問い合わせによる通信を実行して取得した情報です。つまり,ここにdynamicと表示されていて,MACアドレスを示す「Physical Address」が取得できている場合は,少なくともイーサネット・レベルでARPによる通信ができていることが確認できます(00-00-00-00-00-00以外)。

 IPアドレスが重複している可能性がある場合,「Physical Address」欄の内容と,該当ホストのMACアドレスが同一かどうかを確認します。そうすることで,本来通信すべきホストと通信しているのか,同一のIPアドレスを付与された別のホストと通信しているかを確認できます。

 -aオプションに続いてIPアドレスを指定した場合は,該当するIPアドレスのARPキャッシュの内容を表示します。-Nオプションと一緒にインタフェース・アドレスを指定すると,指定されたアドレスのインタフェースについてARPキャッシュの内容を表示します。