PR

「Alt」+「↓」(リストから入力)/
「Ctrl」+「D」(すぐ上にあるデータを入力)

 Excelで請求書や納品書の台帳を作成すると,顧客名や担当者などの入力は同じデータの繰り返しになる。こんなとき,少しでも入力を簡単にする方法はないだろうか。

 実は,ショートカットを使うと,すでに入力したデータをリスト表示させて,そこから選んで入力することができる。具体的には,まず「Alt」キーを押しながら「↓」キーを押す。これで,すでに同じ列に入力されているデータが一覧表示されるので,「↓」「↑」キーでカーソルを移動してデータを選び,「Enter」キーを押せばよい。

●「Alt」+「↓」で同じ列にあるデータのリストから入力
図1●同じ列に入力してあるデータは,簡単なキー操作で再入力できる。入力したいセルを選択し,「Alt」キーを押しながら,「↓」キーを押す

図2●すると,同じ列にあるデータが一覧表示されるので,「↓」キーを押して入力したいデータが反転表示させ,「Enter」キーを押す

図3●選択したデータが入力された

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料