PR

Bruce Schneier Counterpane Internet Security
「CRYPTO-GRAM May 15, 2006」より

 任天堂の次世代ゲーム機「Nintendo Wii」の仕様一覧には,「Wiiは,電源がオフでもインターネット接続可能」とある。任天堂はこの長所を前面に押し出し,「この『WiiConnect24』サービスで,ユーザーがWiiを使っていないときにも,驚くような新機能やゲーム・ソフトのアップデートを提供する」としている。その一方で,任天堂が特定のゲームを使えないようにできる可能性や,ユーザーが望まない別の“驚くべき新機能”を第三者が提供できてしまう可能性については無視している。

 我々はみなこうした可能性に気付いているが,ここでの関心事は,任天堂が「オフ」という言葉の意味を変えている点だ。誰もが「オフは電源オフを意味する」と信じている。この共通認識のおかげで,ユーザーは安全を確保できている。ところが任天堂はWiiで,実際にはオフを「スタンバイ」と似た意味で使っている。ユーザーがNintendo Wiiを本当の意味でのオフにしたいとしたら,電源コードをコンセントから抜く必要がある。ただし,この方法はバックアップ用バッテリがあるとうまくいかない。Nintendo Wiiには無線通信機能しかないので,インターネット接続を切る方法はないようだ。

 おそらく,Nintendo Wiiの電源を切る方法は存在しないのだろう。

 これは,できの悪いユーザー・インタフェース(UI)が原因の深刻なセキュリティ問題である。「オフ」という表現は電源オフの意味で使うべきだ。

http://wii.nintendo.com/hardware.html

Copyright (c) 2006 by Bruce Schneier.


◆オリジナル記事「When "Off" Doesn't Mean Off 」
「CRYPTO-GRAM May 15, 2006」
「CRYPTO-GRAM May 15, 2006」日本語訳ページ
「CRYPTO-GRAM」日本語訳のバックナンバー・ページ
◆この記事は,Bruce Schneier氏の許可を得て,同氏が執筆および発行するフリーのニュース・レター「CRYPTO-GRAM」の記事を抜粋して日本語化したものです。
◆オリジナルの記事は,「Crypto-Gram Back Issues」でお読みいただけます。CRYPTO-GRAMの購読は「Crypto-Gram Newsletter」のページから申し込めます。
◆日本語訳のバックナンバーは「Crypto-Gram日本語訳」のページからお読みいただけます。
◆Bruce Schneier氏は米Counterpane Internet Securityの創業者およびCTO(最高技術責任者)です。Counterpane Internet Securityはセキュリティ監視の専業ベンダーであり,国内ではインテックと提携し,監視サービス「EINS/MSS+」を提供しています。