PR

 Windows向けのデバイス・ドライバに付加する動作確認情報。プリンタなど周辺機器のデバイス・ドライバに関して,あらかじめマイクロソフトが動作を確認したドライバにのみ交付する。動作を確認していないドライバを導入してしまい,システム全体の動作が不安定になることを未然に防ぐ狙いで導入されている。

 もし,ドライバ署名のないデバイス・ドライバを導入しようとすると,「動作を確認していない」という警告画面を表示する。しかし,標準の状態ではそのままインストールを続けて強制的に導入することも可能だ。これは,多くのデバイス・ドライバがドライバ署名されていない現状では便利だが,本来の目的である根本的なトラブル防止としては不十分である。

 システムの設定を変更することで,署名のないデバイス・ドライバを一切導入できないようにすることもできるし,逆にドライバ署名のチェックそのものを無効にしてすべてのドライバをインストールすることも可能だ。