PR

 樽のような形に,ところどころ生えている謎の突起。剣を刺して海賊を救出するあのおもちゃを思わせるこの奇妙な物体,れっきとしたネットワーク・グッズである。

 いったいこの物体は何か。答えは電話プラグの変換アダプタだ。海外に出かけたとき,その国のモジュラ・ジャックに合わせて電話プラグの形状を変換し,モデムをつなぐために使う。「テレコネクター ユーロ EX 8in1」というこの製品,これ一つで英・仏・伊・独など欧州の主要8カ国の規格に対応し,同じ形状のモジュラ・ジャックを採用する世界80カ国以上で使えるという。

 これまでまったく意識したことはなかったが,電話のモジュラ・ジャックの形状は,国ごとに非常に多くのバリエーションがあるらしい。「らしい」と書いたのは,海外旅行の本やWebサイトで調べただけで,実際に見たことはないからだ。過去に出張で行ったことのある米国や韓国は日本と同じRJ-11規格のモジュラ・ジャックだった。旅行でイタリアに行ったときは,パソコンを持っていかなかったので,モジュラ・ジャックの形状など気にも留めなかった。

RJ-11を各国のコネクタに変換

 具体的に,このアダプタをどうやって使うかというと,まず樽の上部が取り外せるようになっていて,外すと両端がRJ-11コネクタの巻き取り式モジュラ・ケーブルになる。ケーブルを引き出して片側をモデムにつなぎ,もう片側を本体につなぐ。本体の横にある突起をスライドさせると,上面あるいは下面からコネクタが飛び出すので,これを壁のモジュラ・ジャックに挿し込む。例えば「D」と書かれている部分の突起をスライドさせると,ドイツの規格に対応したコネクタが出てくるという具合だ。

 公衆無線LANサービスや携帯電話によるインターネット接続サービスが普及していても,海外に出張する際にはまだまだモデムが手放せない。そういう意味で,欧州の複数の国に出張する際にはかなり重宝すると思われるこの製品だが,実はそうした目的で買ったのではない。サッカーのW杯ドイツ大会に行くつもりで先走って購入していたのだ。残念ながら希望するチケットが取れずに断念したが,次の南アフリカ共和国大会で使えばいい。そう思って調べたら,南アフリカ共和国は別のコネクタ形状だった。残念。


infomation
オブビエイター
テレコネクターユーロ EX 8in1
カテゴリ:変換アダプタ
購入先:インターネット通販
購入価格:5280円(税込み)
サイズ:95×28×15mm
製品情報:http://www.warrior.co.jp/telecone.htm#rw46



著者紹介
著者の斉藤栄太郎は日経NETWORKの記者。暇を見つけては秋葉原やネット・オークションでネットワーク機器を漁り,便利グッズやレアものツールを見つけては悦に浸っている。ルーター,スイッチなどはもちろん,トークンリング機器,L3スイッチ,企業向けIP電話機までも自宅の一室に山高く積み上げている。一女の父となり,日増しに強くなる奥さんの冷たい視線にさらされながらも,めげずに日々獲物を探している。