PR
図 Windows Server 2003でsharenameという共有フォルダを作成した画面
図 Windows Server 2003でsharenameという共有フォルダを作成した画面
[画像のクリックで拡大表示]

net share 共有名=ドライブ名:パス

 共有フォルダを設定する場合,通常はGUI画面を使うでしょう。ところが,一度に多くのファイル共有を設定しようとすると,GUI画面ではかえって作業に時間がかかります。こんなときは,net shareコマンドを使って共有フォルダの設定を作成した方が手っ取り早いことがよくあります。

 例えば,Windows Server 2003であれば「net share sharename=C:\share /grant:everyone,full /remark:"全ユーザが利用する共有"」のように実行すると,Cドライブの\shareというフォルダを,sharenameという共有名で作成できます(図)。ここでは,/grantオプションを使ってEveryoneにフルコントロールの共有レベルのアクセス権限を,/remarkオプションを使って共有フォルダに「全ユーザが利用する共有」というコメントを設定しています。同様の設定を何度もする場合は,こういったコマンドをバッチ・ファイルとして設定しておくと便利です。