PR

http://www.markers.co.jp/index.htm


 ECといえば「イーシー」つまりは、エレクトロニックコマース(electronic commerce)ですが最近は、単なるECにとどまらない、エンタメコマース(entartainment commerce)というべきECサイトが数多く出現中。

 インターネットで買い物をするという体験は一挙に、楽しくなってきたように見えます。

セレクトショップMarkers(マーカーズ)の場合



 雑誌風の凝った記事のつくり、マーカーズと呼ばれる商品のレコメンダー(のような人)を含め、買うまでのプロセスや商品セレクトが面白いECサイトが「Makers」(マーカーズ)。

 キリンビバレッジが運用するこのセレクトショップでは、もうテレビCMは引退してしまった、あの生茶パンダのレアグッズを扱っていたり(マニア垂涎…)、生活雑貨や食品を売っていたりするわけですが、思い入れいっぱいのFLASHでつくられた雑誌風の記事をぱらぱらとめくっていると、欲しくなくても欲しいような気がしてくる…。

 つまり思いっきり衝動買いの欲望にかられます。

 リアルの店舗でも、タイ焼き屋さんがタイ焼きつくっていたりすると、欲しかったわけでもないのに「それ、ひとつください…!」って思わず手が出ることがあると思うのですが、こんな実演販売に近い売り方が、このサイトでも体現されていると思います。