PR

 ニュース・リ-ダー相互でRSSフィードのリストを交換するXMLデータ形式に,OPML(Outline Processor Markup Language)というものがある(図1)。ニュース・フィードのリストを一括してエクスポート/インポートに使う形式で,ニュース・リーダー機能を備えたWebブラウザや単体ソフトウエアでOPMLに対応しているものが増えている。アウトラインとは,階層構造で項目をリストしたものである。


図1●OPMLの例
[画像のクリックで拡大表示]

 TagJagは,300以上のタグをRSSまたはAtomでフィードしているサイトのタグを検索する(図2)。新しい検索エンジンも追加され続けている。そしてその結果をWebサイトに表示する。URLの文字数が「tagjag.com」と少ないので,携帯電話やPDAで検索する際に便利である。


図2●注目を集めているMicrosoftが開発中のデジタル・オーディオ・プレーヤ「Zune」をTagJagで検索した結果
[画像のクリックで拡大表示]

 検索結果にRSSフィードのアイコンが付いていて,ニュース・リーダーに簡単に登録できる。RSSフィードのアイコンをRSSリーダーに登録し,そのタグを持つフィードを読むことができる。この1例としてFirefoxの拡張機能として開発されたRSSリーダー「Wizz RSS News Reader」で登録した例を示す(図3,4)。登録するには,検索結果のフィードのアイコンをWizzにドラッグ・アンド・ドロップすればよい。


図3●左にあるのがWizz。TagJagで検索したTechnorati-Zuneが登録されていて,それをクリックし,右側に表示した例
[画像のクリックで拡大表示]

図4●同じくFlickr-Zuneを表示した例。Zuneの写真が見える
[画像のクリックで拡大表示]

 TagJagの検索結果の画面に緑色のOPMLアイコンがある。これは,検索結果をOPMLで出力するためのものである。

 WizzでTagJagのOPMLをインポートするための「オプション」-「OPMLのインポート」にはバグがあるので,正常に動作しない。次の方法を使えばOPMLをインポートできる。

 Wizzの「フィードの検索」をクリックすると次のウインドウが開く(図5)。


図5●Wizzの「フィードの検索」ウインドウ

 OPMLの枠の中のアイテムをダブル・クリックすると以下のようにWizzに登録される(図6)。


図6●TagJagで生成したOPMLをWizzに登録した例

 WebブラウザでTagJagを検索しなくても,以下のようなURLで検索結果にアクセスできる。

URLの形式: http://tagjag.com/[category]/[keyword]/[xml]
OPMLのURL: http://tagjag.com/social/[keyword]/opml
RSSのURL: http://tagjag.com/blogs/[keyword]/rss

 複数のキーワードは以下のように「-」でつないで記述する。この例では「online airplane tracking」を検索している。

http://tagjag.com/discovery/online-airplane-tracking

 Zuneを「blogs」というカテゴリで検索すると,以下のような結果が得られた(図7)。多数のブログのタグ検索を一度にできるので非常に便利である。検索キーをクリックし,何も結果が表示されない場合,再度クリックすると結果が表示される場合がある。


図7●Zuneをblogsカテゴリで検索した例
[画像のクリックで拡大表示]

 shoppingのカテゴリでiPodを検索すると,eコマース・サイトや価格比較サイトの検索結果が表示された(図8)。ネットでの価格調査に便利である。


図8●iPodをshoppingのカテゴリで検索した結果
[画像のクリックで拡大表示]