PR
三井 英樹

 Rich Internet Application(RIA)やリッチ・クライアントの開発者にとって,「アクセシビリティ」はあまり触れたくない話題の一つです。リッチ~の根底にあるのは,視覚的な効果を一つの“強み”として掲げることです。これに対しアクセシビリティは,情報を“広く平等に誰にでも”伝えるという考え方が基本にあります。ターゲットを絞るものと広げるもの――そもそもベクトルが異なるのであり,同居できない領域が存在しています。

日本でのアクセシリビリティ対応はこれから

 「アクセシビリティ」の重要性は,Webの黎明期から認識され,様々な対応策が議論されてきました。しかし本格的な流れになったのは,ここ最近の話といってもいいでしょう。米国では2001年6月に,リハビリテーション法第508条によって電子・情報技術アクセシビリティ基準が定められ,実装段階に突入しています。

 日本では少し遅れて,2004年6月,日本工業規格(JIS)によって,Webアクセシビリティについての規格が規定されます。JIS X 8341-3:高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ――通称「Webアクセシビリティ」――は,「第1部:共通指針」「第2部:情報処理装置」との3部構成をなすものであり,Webコンテンツを企画/制作する際の,高齢者や障害者への情報アクセシビリティの確保/向上を目的とした,規格,設計,開発,保守および運用の工程において考慮すべき事項を規定しています。

 ただし,この規格では実装方法についての規定は行っていません。したがってJISの規定に沿う方法は,開発者に委ねられています。実際,業界内でもテキスト読み上げの機能からして十分なコンセンサスがなく,規定以前の技術的課題がまだまだあるというのが,実情といえるでしょう。


技術的状況に少し時間差がある

 上図に示すように,「使える」から「使いやすい」という状態に変わろうとしているWebアプリケーションに比べると,Webアクセシビリティ技術は,普及度や技術者の数から見ても,やっと「使える」という状況に移行している最中でしょう。

「誰でも」より「必要な人へのわかりやすさ」では

 HTMLをアクセシブルにするのと同じレベルで,リッチなページをアクセシブルにするのには,かなり無理がかかります。現状では,対象ユーザーを絞り込み,それに属さないユーザーが迷い込まないようにするのが,一番現実的な「答え」ではないでしょうか。

 というのも,「この画面はハンディのある方には操作することが困難です」ということを,アクセスしてきた方に適切な形で伝えることも,アクセシビリティの考え方の中に含まれると思われるからです。問題なのは,その画面内の情報が何であるのか,何かをすれば読めるのか,結局読めないのか,代わりにその情報を入手することが可能なのかどうか,などをわかりやすく伝えているかどうかだと思います。


まずは情報を的確に伝える

 「アクセシブルにする=誰でも利用できるようにする」とした場合,(変な例ですが)女性下着専門店で男性も快適に買い物できるようにしましょうと言っているような違和感を私は覚えます。デパートなどで,境界線がわからないままそのような店に迷い込んだ場合,入った男性の方がバツが悪く感じるでしょう。この先は何の店であるかをちゃんと告知してくれさえすれば,それでも進むかどうかはお客様次第です。進むかやめるかという選択が可能な状況を作ることも大切なことだと思います。

リッチなアプリで考慮すべきアクセシビリティ

 とはいっても,Web開発者が何もしないわけにはいきません。JIS規定によって,官公庁へのWebサイト納品には大きな(JIS準拠という)必須条件がついたも同然ですし,クライアント企業も市場拡大の名のもとに,公共性の高いサービスのほうから,Webアクセシビリティへの意識は高まっているからです。

 先ほど実装に関しては規定がないと書きましたが,まったくないわけではありません。実はJISの規定に,レイアウトに関しては一歩踏み込んだ記述があります。「表組みの要素をレイアウトのために使わないことが望ましい(5.2 構造及び表示スタイル)」とされている点です。ここに,リッチなWebページとアクセシビリティの接点があると,私は思っています。

 このJISの一文のおかげで,HTMLコーディング界では,「tableレイアウト(tableタグを用いたレイアウト)派」と「CSSレイアウト(CSSを用いたレイアウト)派」とに二分されてしまいました。最近の若い技術者は後者しかわからないというほどで,あたかも旧世代と新世代という様相を呈しています。当然,CSS技術の駆使は,現時点でのWebデザインの最大の関心事です。しかし,その本質はCSS定義の書き方ではありません。コンテンツとレイアウトを分離するというコンセプトそのものです。

 レイアウトの力を借りずとも,情報を正しく伝えるように情報デザインがなされているかどうか――それが,HTMLとCSSとに分離されることで,開発者自身に問いかけられるようになってきています。ぜひ,CSSを解除した状態で(JavaScript::Bookmarkletの「CSS解除」を使うと解除できます),情報の「階層構造」をチェックしてみてください(音声ブラウザはその階層を,上から順々に読み上げていきます)。


CSS解除で情報の構造を確認する

 こうした,シンプルな「コンテンツの階層構造のみ」という状態を見慣れると,大切なことがわかってきます。例えばリッチなページは,見栄えや自由度の高いレイアウトの力に依存して,エンドユーザーを置き去りにした“独りよがり”なデザインになりやすい,ということが実感できるようになります。

 コンテンツとレイアウトとを分離する目を養っておけば,情報の骨格を見据えることができるようになります。その骨格がしっかりしていなければ,どんなに見栄え上「お化粧」をしたところで,迷いやすさを内在させるものしかできません。そう考えると,アクセシビリティの根本部分は,リッチなページの開発でも十分に考慮すべきことだと言えるでしょう。

情報発信者としての責任もアクセシビリティ

 アクセシビリティについて考えいくと,情報の構造だけではなく,情報の届け先に対しても配慮が必要だということがわかってきます。Webアプリケーションは,RIA技術や映像,音声など様々な技術を使ってユーザーに情報を提供しています。しかし,そういったマーケティング戦略を駆使しても,網の目にかからないユーザーは存在します。取り残された人たちが存在するのです。


多様なアプローチでも,情報が届かない人が存在する

 単なる商品の告知であるのならば,情報が届かない人たちがいても良いかもしれません。しかし重要なサポート情報などの提供では,そういうわけにはいきません。取り残されたユーザーがいないように,情報提供方法を「デザイン」することが求められます。

 つまり,情報が公共性を帯びるほどに,その提供者は,仕様書通りに作ればよいというだけでは済まない「責任」を負うことになっていくのです。複数の情報ルートを用意してでも,キチンと伝えるという責任――それは,誰にとってどれほど大切な情報であるのかを,デザイナーもエンジニアも考える必要がある時代になりつつあるということなのかもしれません。


公共性のあるサービスであればあるほど情報発信者の責任は重い

三井 英樹(みつい ひでき)
1963年大阪生まれ。日本DEC,日本総合研究所,野村総合研究所,などを経て,現在ビジネス・アーキテクツ所属。Webサイト構築の現場に必要な技術的人的問題点の解決と,エンジニアとデザイナの共存補完関係がテーマ。開発者の品格がサイトに現れると信じ精進中。 WebサイトをXMLで視覚化する「Ridual」や,RIAコンソーシアム日刊デジタルクリエイターズ等で活動中。Webサイトとして,深く大きくかかわったのは,Visaモール(Phase1)とJAL(Flash版:簡単窓口モード/クイックモード)など。