PR
●名称:Red Hat Linux 9[Publisher's Edition]
●提供元:レッドハット
●URL:http://www.jp.redhat.com/
●対応機種:PC AT互換機

 Red Hat Linux9は米Red Hat社が開発し,レッドハットが販売するディストリビューションで,Red Hat Linux8.0からのバージョン・アップ版です。サーバーからクライアントまで幅広い用途に利用できます。主なシステム構成はカーネル2.4.20,XFree86-4.3.0,glibc2.3.2です。

 パフォーマンスの向上やスレッドのスケーラビリティ確保を目的に開発されたPOSIX準拠のスレッド・ライブラリ「NPTL(Native POSIX Thread Library)」に対応しました。標準印刷システムには以前はLPRngを採用していましたが,今回のバージョンよりCUPS 1.1.17に変更されました(LPRngのパッケージも同こんされています)。また,FTPサーバーはWU-FTPDからvsftpd1.1.3に変更されました。

 デスクトップ環境にはGnome2.2.0またはKDE3.1のいずれかを利用します。また,GUI環境で利用しやすいようにカスタマイズされており,Red Hat独自の設定ツールも機能強化されています。また,同8.0から採用された,GnomeとKDEでデスクトップ環境の見栄えを同等にする「Bluecurve」も強化されています。

 オープンソースで開発されたオフィス・スィートの「OpenOffice.org 1.0.2」やメールやスケジュール管理を行う個人情報管理ツールの「Ximian Evolution 1.2.2」などを搭載しています。

 収録したバージョンはレッドハットのFTPサイトなどからダウンロードできるRed Hat Linux 9(FTP版)と同等のものです。