PR

 米Apple Computerが毎年開く開発者向け会議「WWDC(Worldwide Developer Conference)」。今年は8月7日に開幕された。このWWDCで今年,同社CEOのSteve Jobs氏が披露したのが,次期Mac OS「Leopard(レパード,Mac OS X version 10.5)」(関連記事)。目玉となる新機能の先行プレビューをおこなうとともに,Leopardのリリースが2007年の春になることを発表した。

 同時にデュアルコアXeonを搭載した新型デスクトップ機「Mac Pro」とサーバー「Xserve」も発表。これにてMacintoshのすべてのモデルにおいてIntelプロセサへの移行が完了したと宣言した(関連記事)。

 毎年何らかの“サプライズ”を提供するWWDC。例えば昨年は,Intelプロセサへの移行という大胆な計画を発表した(関連記事)。ところが今回については,「予想通りのことを発表したに過ぎない」と手厳しい意見が多い。

 WWDC開幕前には,デジタル・ムービーのレンタル・サービスや,それに対応した携帯音楽プレーヤ「iPod」の新機種といったサプライズがあると一部では予想されていた。そのためアナリストや投資家にとっても少々期待外れだったようで,この日のApple株は2%超下落した(英Reutersの記事)。

Leopardに搭載される10の新機能

 今年のWWDCでAppleは米Microsoftの次期Windows OS「Vista」を攻撃の的とした。会場には「Mac OS X Leopard -- Vista 2.0のご紹介」などと書いた大きな看板を天井からぶら下げ,Jobs氏も「Microsoftは我々が数年前にリリースしたMac OS Xをコピーしようとしている。(それと同時期に)我々はLeopardでさらに飛躍する」と“口撃”。いつも以上に挑発的な演出をした。Vistaの度重なるリリース延期や主要機能の削ぎ落としなど,Microsoftを揶揄する材料には事欠かなかったようだ。

 「Mac OSは先進的」と豪語し自信を見せるApple。その同社がLeopardの目玉機能として紹介したのが「Time Machine」や「Spaces」をはじめとする10の新機能だ(表1)。

表1 Leopardに搭載される10の新機能
Time Machine自動バックアップと復旧機能
Spacesアプリケーションのグループ化/切り替え機能
Mailステーショナリ・テンプレートやノート/To-Do機能。iCalとの連携
iChat背景写真や視覚効果/写真やプレゼンテーション・スライドの共有機能
Dashboard関連記事Webクリップ機能。オリジナル・ウィジェットの簡易作成機能
Spotlight関連記事書類/ファイルの中身検索の対象をネットワーク上のMacやLeopardサーバーに拡張
iCalカレンダー共有機能
アクセシビリティ音声読み上げ機能/点字対応機能の強化
64ビット対応Carbon,Cocoaベースのアプリケーションなどすべてを64ビット対応に
Core Animation新グラフィックス技術。アニメーション効果を持つソフトの開発環境を提供
※このほか,現在ベータ版の「Boot Camp」(関連記事)の機能が強化され,正式版として提供される予定

写真1 「Time Machine」のデモ画面(Appleのサイトから引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 Time Machineは,自動バックアップと復旧の機能(写真1)。宇宙空間を模した画面上にフォルダの中身を表示し,そのフォルダの状態を過去にさかのぼって閲覧できるようにした。探していたファイルを見つけたら,選択して「復元」ボタンを押せば,現在のフォルダの中に“タイムスリップ”するというしくみだ。

 Time Machineに必要となるのは外部ハードディスク装置(HDD)あるいはMac OS Xサーバー。デスクトップ上のフォルダだけでなく,写真ソフト「iPhoto」やアドレスブックの使用時でも利用できるなど芸が細かい。システム全体を復旧させる機能も備えているという。Time Machineが管理するのはデータの差分のみ。このため,HDD内のデータ容量を最小限に抑えるとAppleは説明している。


写真2 「Spaces」のデモ画面(Appleのサイトから引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 Spacesはアプリケーションをグループごとにまとめ,それらを迅速に切り替えられるようにする機能(写真2)。各グループを俯瞰表示することができるので,必要なアプリケーションのグループを瞬時に呼び出せるという。例えば「コミュニケーション」というグループを作っておき,そこにチャットやメールのソフトを設定しておくという使い方ができる。ソフトの追加/移動もドラッグ・アンド・ドロップ操作で容易におこなえるという。

 このほか,IMソフト「iChat」に「Photo Booth」と呼ぶ新機能を追加する。写真などをビデオ会議画面の背景に表示したり,視覚効果を付けられるようにする。パソコン内に保存している写真やプレゼンテーション用スライドをチャット相手の画面に表示することもできる。

 メール・ソフト「Mail」では,メモを書き留めておけるノートや,カレンダーソフト「iCal」と連携するTo-Doリストの機能を追加する。これらの情報をメール・ソフト内のフォルダやスマートメールボックス(リアルタイム串刺し検索機能)を使って容易に管理できるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料