PR

 ちょっと前の話になりますが,今春,ある大手機械メーカーの情報システム部長と話をしていたときのこと。ITベンダーの情報化に対する考えに疑問に感じることがある,とその情報システム部長は批判を述べました。経営の情報化においても,開発プロジェクトにおいても,ITベンダーの行動は行き当たりばったりになっていることが多いように思う,というのです。

 例えば,要件をそのままシステムに実装しようとしてしまい,システム全体の整合性や保守性を考えないITベンダーが多いと指摘します。個別のシステムが乱立して,スパゲティ化しやすくなるのに気にしないのはおかしいと怒っていました。開発プロジェクトの中身を見ても,WBS(Work Breakdown Structure)の作成,変更や構成の管理がきっちりしておらず,品質(不具合)が心配になるし,開発の後に続く運用と保守も真面目に考えていないようだ,とこぼします。

 「もちろんユーザー側の責任や作業もあるのでITベンダーばかり批判できないが,少なくともITベンダーは情報化に対してきちんとした意見を示して,ユーザー側に提案してほしい。費用が発生するなら,きちんと払うよ」と,その情報システム部長は述べていました。

 ところで,システム構築を請け負うITベンダーは,もちろん情報化の専門家であり,多くの企業に情報化を指南しシステム構築を実施する立場にあります。しかし,ITベンダー自身がITを利用した経営革新を本当に行っているのだろうか,と疑問を投げかけられることはよくあります。ITベンダー社内の情報システムを構築するプロジェクトが頓挫する話も聞こえてきます。これもユーザーに不信感をもたらしています。

 例えば,「パッケージ製品を提供するITベンダーが,自社でそのパッケージ製品を活用できていない」,「部門をまたがるプロジェクトのコストと利益を管理する社内情報システムをITベンダーが作ろうとしたが失敗,開発を凍結した」といったケースがあります(『IT失敗学の研究』,日経BP社発行から引用)。

 つまり紺屋の白袴になっているITベンダーが少なくないのです。その理由は,いろいろ挙げられます。「社内の情報システムを作っても売り上げにならないので,力が入らない」「ユーザー企業の情報システムを作るときはITベンダーがプロジェクトを客観的に見て評価・仲裁できることもあるが,ITベンダーが自分で情報システムを作ると客観的に見る第三者が不在になる」といったことです。しかし,こんな理由を言われても,ユーザーの信頼は得られないでしょう。

 事業に関係する必要なデータを一元管理するとともに,事業の変化に迅速に対応できるように情報システムを作る。あるいは情報システムの開発における成果物の状態とその変化,成果物の構成をきっちりと管理する。このような,経営に貢献し,品質の高い情報システムを作るために不可欠な手法を,改めて見つめ直す必要があると思います。もちろんしっかりした情報システムを作るITベンダーもあります。ユーザーは,ITベンダーがどのような考えを持っているのか,説明を求めていくべきでしょう。これらがSOA(Service Oriented Architecture)や内部統制に着実に取り組むベースになっていくとも思います。

 ITベンダーは,情報システム開発の方法論をユーザーに説明し,まずは社内で自ら実践してその結果をユーザーにアピールしてほしい --- このような願いを持つ情報システム部長は多いのではないでしょうか。

(安保 秀雄=電子・機械局編集委員)