PR

 「Windows Live OneCare」は,PCを保護し,最適に動作させるためのデスクトップ・ソフトウエアである。ウイルス対策機能やファイアウオール機能など,システム保護や最適化に関する重要な機能を提供する。今回は,Windows Live OneCareに関する10項目の重要な事実を紹介しよう。

10:スパイウエア対策機能を搭載しない

 Windows Live OneCareには,数多くのシステム保護機能が提供されているが,スパイウエア対策機能は含まれていない。スパイウエア対策機能を手に入れるためには,「Windows Defender」またはサード・パーティ製のスパイウエア対策ソフトが必要である。

9:64ビット版Windowsは対象外

 64ビット対応ハードウエアや,Windows XPの64ビット対応版「x64 Edition」が急速に普及し始めているにもかかわらず,Windows Live OneCareが対応するのは32ビット版Windowsだけである。Windows Live OneCareが利用できるのは,Windows XP Professional/Home Edition/Media Center Edition/Tablet PC Edition 2005だけだ。

8:PCヘルス・ステータス

 Windows Live OneCareをインストールすると,システム・トレイの中に同製品のアイコンが表示されるようになる。緑色のアイコンは,パソコンの状態(ステータス)が良好であることを示し,システムが保護されていることを意味する。黄色のアイコンは警告を示唆し,赤色のアイコンはシステムが保護されていないことを意味する。アイコンをクリックすると,OneCareマネージャが起動する。

7:自動アップデート

 システムを継続的に保護するために,Windows Live OneCareは「Windows Update」のサービスを利用して,ファイアウオール・ポリシーや新しいウイルス定義ファイルのほか,自身の修正プログラムを自動的にダウンロードする。そのため,Windows Live OneCareはダイヤル・アップ接続のユーザーに対して,定期的にインターネットに接続することを促すメッセージを表示する。

6:バックアップと修復

 Windows Live OneCareには,OS標準のバックアップ・ツールである「NTBackup」とは別の,バックアップ・リストア機能が備わっている。Windows Live OneCareのバックアップ・リストア機能では,書き込み可能なCD-ROMやDVDなどのリムーバブル・メディアや外付けハードディスクに,ファイルやシステム設定を保存できる。

5:システム・チューニング

 Windows Live OneCareには,各種のシステム・チューニング機能が搭載されている。不要ファイルの削除や,ディスクのデフラグ,ウイルス・スキャン,バックアップ・ファイルのチェック,Microsoft Updateの実行チェックなどである。

4:ディスクのデフラグ

 Windows Live OneCareにはディスクのデフラグ機能も搭載されている。しかし,Windowsに組み込まれているディスク・デフラグ・ユーティリティと同様に,「Windows Live OneCare Defragmenter」も,他のサード・パーティ製専用ディスク・デフラグ製品の水準には達していない。Windows Live OneCareでは,シングル・パス内のディスクのデフラグが行えず,空き容量が少ない場合には上手く機能しない。

3:ファイアウオール

 Windows Live OneCareの最も重要な新機能は,改良されたファイアウオールである。Windows XP SP2に搭載された「Windowsファイアウオール」は,基本レベルの保護機能を実装し,OSとうまく統合されているが,ブロックするのはインバウンド・トラフィック(外部ネットワークから届けられるパケット)だけである。Windows Live OneCareのファイアウオールは,インバウンドとアウトバウンド(パソコンから外部ネットワークに届けられるパケット)の両方がブロック可能であり,Windowsファイアウオールの足りない部分を補うものになっている。

2:ウイルス対策機能

 ウイルス対策機能は,Windows Live OneCareの核となる機能だ。他のサード・パーティ製ウイルス対策ソフトと同様に,Windows Live OneCareのウイルス対策機能は,ファイル・スキャン機能やウイルス定義ファイルの自動アップデート機能など,継続的な保護機能を備えている。

1:ライセンス料

 MicrosoftがすべてのOS用アドオンを無償提供することを多くのユーザーが期待しているだろうが,Windows Live OneCareは無料ではない。しかし,最大3台のPCで使用できるライセンスが年額49.95ドルで入手できるので,Windows Live OneCareは他の市販ウイルス対策ソフトと競合可能な価格設定になっている。ホーム・ユーザーや個人事業者向けとして,リーズナブルな価格設定であるといえるだろう。