PR

 RSSとは,Webページにある情報のタイトルや要約などを構造化して記述するデータ・フォーマットのこと。WebサイトがRSSに基づきRSSデータを公開し、それをユーザー側のRSSリーダーで利用する。

 おもに、新着情報やサイトの要約(目次)などを公開し、ユーザーが見たい情報や新規に追加された情報がひと目でわかるようにするという使い方をしている。いまでは、ブログ・サイトやニュース・サイト,ポータル・サイトなど,さまざまなWebサイトで,「RSS」を使うようになった。

 RSSのフル・スペルは,RSSのバージョンによって異なる。RSS0.91では「Rich Site Summary」,RSS1.0は「RDF(Resource Description Framework)Site Summary」,RSS2.0は,「Really Simple Syndication」の略ということになっている。

 Webサイトは,WebページにRSSデータへのリンク(URL)を埋め込んでおく。このRSSデータのURLを「RSSフィード」という。Webページを更新したときにRSSデータを更新する。

 Webページ上にあるRSSフィードをRSSリーダーに登録しておくと、定期的にWebサイトにアクセスしてRSSデータをダウンロードする。この仕組みによって、新着情報などがすぐにわかるようになる。

 RSSリーダーは,専用ソフトとして提供されているほか,Webブラウザの機能として組み込まれるようになっている。OperaやFirefoxはすでにRSSリーダー機能を備える。タブブラウザにもRSSリーダーが組み込まれているものが多い。Internet ExplorerもRSSリーダー機能を実装する予定である。