PR
無線ブロードバンドの“未来”を大胆予測

いつでもどこでもADSL並みの伝送速度で通信できる「無線ブロードバンド」の実現に向け,10社近い通信事業者が急ピッチで準備を進めている。しかし,総務省が割り当てる2.5GHz帯は2~4社分程度になる模様。限られた席を獲得するべく,事業者各社がしのぎを削っている。

公開中 通信事業者の思惑を徹底解剖
公開中 見えてきたモバイルWiMAXの真の実力
公開中 クアルコムが狙うIEEE 802.20巻き返し策
公開中 総務省の本命はデジタルデバイド対策か