PR

 「データベース(DB)システムを裏側で稼動させている企業サイトが急増しています」――これだけ書くと数年前に語りつくされたニュースです。確かに大企業は,自社のWebシステムに何億円という規模の投資をしてデータベースの活用を推進してきました。

 では中小企業ではどうでしょうか。

 私は現職のWebプログラマです。多くの開発案件にタッチしてきましたが,大多数の中小企業にはそんな予算はありません。自社サイトはレンタル・サーバーだったり,ドメインを契約プロバイダ上で構築しているという規模(年間維持費20万~100万円)がほとんです。WebやDBについて深い知識のある担当者もいません。

 しかし,ここ3年ほど,こうした小さな規模の企業サイトから,続々とデータベースを組み込んだWebシステムの開発依頼が舞い込んでくるようになりました。もはや,Web+DBシステムは,Webサイトの規模に関係なく常識となりつつあるようです。

 そこでこの連載では,プログラマやSEといったソフトウエア・エンジニアではなく,デザイナーやWebサイト・マネージャなど「Web+DBって何?」という方を対象に,Web+DBサイトの“今”を語ってみたいと思います。

 データベースって何? システムはどう企画されたの? システム構築時に相談のポイントは? 納期は? 経費はいくらかかるの?――。

 こういった素朴な疑問に答えていきましょう。もちろん守秘契約があり,すべてを詳細に語ることはできませんが,話しうる範囲の中で,できるだけわかりやすく解説していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

第11回(最終回) Web+DBサイト構築の見積もり額,適正価格とは?