PR
ディストリビューション一覧


[画像のクリックで拡大表示]

 米Red Hat社がフリーで提供していた「Red Hat Linux」の事実上の後継に当たるディストリビューション。米Red Hat社が支援するFedora Projectが開発・提供している。原則として,年2回の頻度で最新版が提供される。

 Fedora Coreには最新の技術が実装される。その実装結果に対するフィードバックがRed Hat Enterprise Linuxに反映される仕組みだ。例えば,セキュアOSなどの最新技術がFedora Coreではいち早く実装されている。

 例えば,グラフィック・カードのアクセラレーション機能を利用して高速に表示できるAIGLXなどが搭載されている。

 Fedora Coreのパッケージ管理システムには,RPM(RPM Package Managser)およびyumが採用されている。yumを用いれば必要なパッケージを自動的に認識して,ダウンロードとインストールが実行されるため,ユーザーがパッケージの依存や競合を気にしなくて済む。

 Fedora Coreには数多くのパッケージが含まれるため,インストール用のメディアの容量が肥大化しつつある。それを解消するため,補足的なパッケージについては本体に含めず,「Fedora Extras」と呼ぶサイトからダウンロードするようになっている。

 Fedora Coreについては,一定期間はFedora Projectがアップデート・パッケージを提供する。メンテナンスが終了したバージョン(2006年10月現在はFedora Core 3以前)についてはFedora Legacy Projectにより配布されているパッケージを利用できる。


インストールガイド

基本情報

ディストリビューション名 Fedora Core 6
開発/販売元 Fedora Project
URL http://fedoraproject.org/
対応機種 PC AT互換機,PowerPC
公開日/販売開始日 2006年10月24日
価格(税込み) 無償
パッケージ管理システム RPM
アップグレード・パッケージ Webサイトよりダウンロードまたはyum,apt-getコマンドにて入手可能。専用アプリケーション「pup」でもアップデート可能

主な同梱アプリケーション

・ 基本アプリケーション

カーネル 2.6.18
グラフィカル環境 X.Org X11 R7.1.2
デスクトップ環境 GNOME 2.16.0,KDE 3.5.4

・ クライアント・アプリケーション

インターネット Firefox 1.5.0.7,Thunderbird 1.5.0.7,GAIM 2.0.0,Ekiga 2.0.2
オフィス OpenOffice.org 2.0.4
グラフィック GIMP 2.2.13,Inkscape 0.44.1(Extra)
マルチメディア Noatun 2.10.0,XMMS 1.2.10(extra)
開発環境 gcc 4.1.1,Eclipse 3.2.1,Glade 2.12.1
仮想環境 Xen 3.0.3,Wine 0.9.23(extra),Qemu 0.8.2(extra)
その他 K3b 0.12.15

・ サーバー・アプリケーション

Webサーバー Apache 2.2.3
メール・サーバー sendmail 8.13.8,Postfix 2.3.3,Dovecot 1.0,exim 4.63(extra),UW-IMAP 2006b(extra),Cyrus imapd 2.3.7(extra)
DNSサーバー BIND 9.3.2
FTPサーバー vsftpd 2.0.5,Proftpd 1.3.0(extra)
Windowsファイル共有サーバー Samba 3.0.23c
キャッシュ・サーバー Squid 2.6STABE4
データベース PostgreSQL 8.1.4,MySQL 5.0.22
その他のサーバー dhcp 3.0.4

ダウンロード先

・ イメージ・ファイル:http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/6/i386/iso/

・ ミラーサーバー一覧:http://fedoraproject.org/static-tmp/FedoraMirrors.html

・ BitTorrent:http://torrent.fedoraproject.org/

関連するディストリビューション

関連記事

(2006年10月現在)