PR

カテゴリー:ログイン中

質問

コンソール上でバイナリ・ファイルを表示させたら,文字化けが直らない

回答

GNOMEやKDEなら,リセット機能を用いれば一度文字化けしたコンソールの表示を正常に戻せます。テキスト・ログインで開いたコンソールではresetコマンドを用いて元の状態に戻せます。resetの文字は化けていますが,キー入力は正常に行えます。


難易度: 対象ディストリビューション:すべて

 バイナリ・ファイルとは気付かずに内容を見ようとして,例えば,コンソール上から,

$ cat /bin/bash

のように,catコマンドでバイナリ・ファイルを表示させてしまうと,プロンプトや入力する文字も含め,コンソール上のすべての文字が化けてしまいます(写真3)。

写真3●コンソールの文字化け
写真3●コンソールの文字化け

 GNOME端末やKDEのコンソールなどのデスクトップ上のコンソールならリセット機能により対処できます。GNOME端末の場合には,メニュー・バーの「端末(T)」-「リセット(R)」または「リセットとクリア(L)」を選択すれば元の状態に戻ります。KDEのコンソールの場合も同様にメニュー・バーの「編集」-「リセット & ターミナルクリア(R)」を選ぶだけです。

 直接テキスト・ログインした場合には,resetコマンドで元の状態に戻せます。コンソール画面は,文字が正しく表示されていないだけで,キー入力を正しく受け付けています。ですから,〔Enter〕キーを押し,続けて,

$ reset

と入力することで,コンソールがリセットされて元の状態に戻ります。

 なお,テキスト・ファイルを閲覧するだけなら,moreコマンドやlessコマンドを用いましょう。Fedora Coreなどに含まれているmoreやlessコマンドなら,テキスト・ファイルでない場合にはメッセージを表示します(図6)。

図6●バイナリ・ファイルは表示しない
図6●バイナリ・ファイルは表示しない