PR

カテゴリー:X Window System

質問

一時的にテキスト形式のコンソールを使いたいが,切り替え方が分からない

回答

テキスト形式のコンソール画面に切り替えるには,[Ctrl]キーと[Alt]キーと,[F2]キーや[F3]キーなどのファンクション・キーを同時に押すか,initコマンドまたはtelinitコマンドでラン・レベルを3に切り替えます。


難易度:★★ 対象ディストリビューション:すべて

 インストール時に,グラフィカル・ログインを選択すると,デスクトップ画面を利用するように設定されます。ログアウトや再起動しても変わりません。テキスト形式のコンソール画面を利用するには切り替える操作が必要です。

 一時的にテキスト形式のコンソール画面に切り替えるには,2つの方法があります。〔Ctrl〕キーと〔Alt〕キーと,〔F2〕キーや〔F3〕キーなどのファンクション・キーを同時に押す方法と,initコマンドまたはtelinitコマンドでラン・レベル3に切り替える方法です。

 〔Ctrl〕キーと〔Alt〕キーと,〔F2〕キーや〔F3〕キーなどのファンクション・キーを同時に押すことによって,ファンクション・キーの番号に応じたコンソールが表示されます。コンソール画面からX Window Systemの画面に戻るには,〔Ctrl〕キーと〔Alt〕キーと〔F7〕キーを同時に押します。

 起動時の処理はラン・レベルと呼ばれる数字に応じて決まっており,多くのディストリビューションでは,ラン・レベルが5の時にX Window Systemによるグラフィカル・ログインを,ラン・レベルが3の時にコンソールによるテキスト・ログインを提供します。デフォルトでX Window Systemが起動するのは,起動時のラン・レベルが5になっているためです。

 起動時に選択されるラン・レベルは,/etc/inittabファイルに設定されています。

id:5:initdefault:

 起動後にラン・レベルを一時的に変更したい場合は,コンソールからinitコマンドまたはtelinitコマンドを発行します。

 コンソール上で,

i# init <ラン・レベル>

または,次のように実行します。

# telinit <ラン・レベル>