PR

 10月17日にMySQL ABは,製品プロダクトの大きな転換を発表した。それが,MySQL Enterpriseである。このMySQL Enterpriseという言葉は,様々な場面で使用される。そのため,誤解や混同が発生しそうだ。そこで,今回は,MySQL Enterpriseについて詳しく解説する。

MySQL Community ServerとMySQL Enterprise Server

 これまで,MySQLでは,一つのソースコードに基づいて,2つのライセンス形態(デュアル・ライセンス)のMySQLバイナリを提供していた。一つは,GPLライセンスに基づく使用を義務付けたもので,Community Editionと呼んでいた。それに対してコマーシャルライセンス(商用ライセンス)に基づくものをCommercial (non-GPL) Editionと呼んでいた。この名称は便宜的なもので,機能やソースコードに違いはなかった。

図1●MySQLの変化

 しかし,MySQL Enterpriseの登場によって,MySQL Community ServerとMySQL Enterprise Serverという2つのカテゴリーが生まれた。この違いを説明する前に現在リリースされているバージョンを確認する。

MySQL 5.0.26のリリース取り消しとMySQL 5.0.27 Community ServerとMySQL 5.0.28 Enterprise Server

 10月3日に多くのバグフィックスを含んだMySQL 5.0.26がリリースされた。しかし,主に組み込みに使用するABI(Application Binary Interdave)の互換性に問題が見つかり,リリース取り消しとなった。そして,10月28日に登場したのが,MySQL 5.0.27 Community ServerとMySQL 5.0.28 Enterprise Serverだ。

 現時点では,この2つのバージョンにソースコード・レベルでの違いはない。しかし,今後は,MySQL Community ServerとMySQL Enterprise Serverに違いが発生するだろう。その理由は,これらが,大きく異なる目的を持って作成されるからだ。

MySQL Community ServerとMySQL Enterprise Serverの目的と内容

 これまで,一つのソースコードに2つのライセンスがMySQLのトレードマークであり,制度上の大きな特徴だった。これが,目的別に2つに分かれる。そのため,ある時点で,ソースコードが異なる2つのMySQLが存在することも発生する。

 MySQL Community Server(以後Community Serverと呼ぶ)は,新機能の搭載を優先して作成される。つまり,アグレッシブなバージョンと言える。リリースは,機能追加とバグフィックスを反映して不定期に行う。

 MySQL Enterprise Server(以後Enterprise Serverと呼ぶ)は,安定運用に向けたバージョンと言える。十分な稼働確認を実施し,品質を最大限保つものである。そして,極力機能変更を行わず,バグフィックスを反映したバージョンを定期的にリリースする。

 この2つのバージョンの違いをMySQLでは,次のような表であらわしている。

表1●Community ServerとEnterprise Serverの違い

  Community Server Enterprise Server
ソースの公開
機能の実装方針 機能実装重視 安定重視
品質保証試験の実施 ×
バグフィックスのリリース 随時 毎月
サービスパックのリリース × 四半期
緊急時のHotfixリリース ×
バイナリの配布 MySQL Enterprise 購入者に提供
インストーラの提供  

 Community ServerとEnterprise Serverは,目的が異なることからバージョンアップのタイミングやパッチの提供に大きな違いがある。

 Enterprise Serverは,毎月のアップデートと四半期のサービスパックのリリースを行う。そのため,今後は,毎月バージョン番号が2つずつアップする。

 Community Serverは,不定期にリリースが行われる。リリースされると,その時点のEnterprise Serverの一つ前のバージョン番号となる。

表2●リリースのタイミングとバージョン番号

タイミング Enterprise Server Community Server
アップデート サービスパック 不定期
バグフィックス バグフィックス バグフィックス+機能追加
2006年10月 5.0.28   5.0.27
2006年11月 5.0.30    
2006年12月 5.0.32 5.0.30a  
2007年1月 5.0.34    
2007年2月 5.0.36   5.0.37
2007年3月 5.0.38 5.0.36a  
2007年4月 5.0.40    
2007年5月 5.0.42    
2007年6月 5.0.44 5.0.42a  
新メジャーバージョン 同期 同期 ベースとして採用

 今後は,Enterprise Serverのアップデートに合わせて,バージョン番号が毎月更新される。もちろん,5.0や5.1のようなメジャーバージョンのアップでは,同期を取る予定だ。